アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

<   2008年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

生命保険

本当はプロに診断してもらう方がいいらしい。
自分なりに必要な保険には入っているつもりでいるけど
ホントのところはよくわからない。
でも、以前入院した時、費用を全て支払っても保険金が残った。
ということは、見積もりが正しかったということだろうか。

でも保険て見直しが何度もあったり、その時になると
保険レディからしつこく電話がかかってきて、好感の持てない代物。
資料をもらっても、私の真剣味が足りないので、なかなか話も進まなくなる。

ところで保険レディって、家に来る方はいつも新人が多い。
今日の方もまだ2ヶ月だとういう。
電話での話も、何か質問しても即答できず誰かに聞いているし
書類の不備で何度もやってくるし、最初は何なんだと思った。
でも2ヶ月って聞いて、慣れるまでたいへんねと同情に変わった。


とても可愛い方だけど、きっと小さな子どもさんがいるだろうか。
手が離れて仕事をするようになったのかもしれない。
電話の応対などから、仕事をしたことがないような印象も受ける。

子どもは早くから保育園に預けたほうがいいのだろうか。
いい時期、何歳というのはあるのだろうか。
今になっても、子どもにとって何が一番よかったのかよくわからない。


先日新聞に、「子育ても職歴」というフレーズがあった。
ホントにそう思う。
これは、女性だけでなく男性にもいえることだと思った。


f0077807_20292580.jpg

           朝顔って、いつまで咲くんだろう。
[PR]
by roman-tan | 2008-09-30 20:32 | 発見

構造改革特区のその後

地域は活性したのか?構造改革特区のその後という記事
特区・地域再生はどうなったんだろうって思っていたので興味深い。
構造改革特区は今年までで合計1041件が認定されました。導入当初はニュースで話題になったこともあり、2003年には117件が認定されています。ただ、最近は話題になることが少なくなったので認定される件数が微減傾向にあります。構造改革特区は規制緩和の社会実験的な要素がありますので、特区の成果がほかの地域でも適用できる場合は、これまで規制していた法律や政令などを改正したり撤廃して、全国化しているんです。1041あった特区の総数は、全国化によって329にまで減っています。これは特区が起爆剤になって規制緩和が進んだということです。(R25記事より抜粋)

現在は、わがまち元気特区・地域再生のサイトになっている。
主な事例
特区を利用しての試みは、色々なのがあって面白いなあと注目していた。
NPOに関したものとして有名だったのは
群馬県福祉有償運送セダン型車両特区 【群馬県】(平成17年7月19日認定)
NPO等が行う福祉有償運送について、セダン型等の一般車両の使用を可能とする特例を活用することにより、福祉車両を必要としない移動制約者のニーズに対応する体制を整備する。

特区を利用しようと考えている人がいて
是非やってほしいと思っていたのだけれど・・・・まだ実現していないみたい。
あの人、どうしているんだろう。


f0077807_18154738.jpg

[PR]
by roman-tan | 2008-09-29 18:17 | NPO法人

紫蘇の花

                青紫蘇の花
f0077807_17452094.jpg


                赤紫蘇の花
f0077807_1745577.jpg


                マリーゴールド
f0077807_17471670.jpg


                薄暗い中の彼岸花は、ちょっと不気味。
f0077807_17474459.jpg

[PR]
by roman-tan | 2008-09-27 17:48 | 庭の植物

マリファナ栽培

スリランカ、国家によるマリフアナ栽培を計画 | Excite エキサイト
[コロンボ 25日 ロイター] スリランカ政府は、伝統的なアーユルヴェーダに基づく医療で使う生の大麻が不足していることから、国によるマリフアナ栽培を計画している。スリランカの伝統医療省は今月、8ヘクタールの農場で年間4トンの大麻を栽培する計画を発表。マリフアナは同国で1890年代から違法となっているが、同省は例外的な措置を求めている。
 ハーブや自然療法を広く用いるアーユルヴェーダは、心身の癒しを目的としており、スリランカでは西洋医学の医師よりアーユルヴェーダの医療施術者の方が多い。
 マリフアナ栽培を計画している同省によると、生の大麻は油で揚げ、約18種の伝統薬に使われるという。
お相撲さんが大麻で解雇される国もあれば
国がマリファナを栽培しようとする国もある。
なかなか世の中はおもしろい。

タバコより習慣性もなく害がない大麻を合法的に、なんて声もあるけど
それはそれ、今のところ日本では法律で禁止なんだからしょうがない。
害はないけど、さらなるドラッグに進む可能性は高い点は恐いと思う。

日本ではもちろん見たことがないけれど
ネパールでは、野生の大麻は山によくはえていた。

もう何年も前のことだから・・・
トレッキングのロッジで
夕食後、囲炉裏を様々な国の人間が囲む。
静かな山中で、旅の情報交換や国の自慢話をしていると
順々に大麻タバコが周ってくることは珍しくもない。
嫌ならパスすればいいだけのことで
緩やかな時間の流れに過ぎない光景

アメリカでも、金曜夜の学生だけのちょっと大き目のパーティーでは必ず匂ってくる。
大人のパーティーではバカ騒ぎをする者もいないし
翌日の土曜日になれば、みんな朝早くからまた日常に戻る。
要はセルフコントロールの効く範囲なら問題はない。


外国人のお相撲さんもたいへんだけど
郷に入れば郷に従え
日本では違法行為だということだ。

今夜はフライデー・ナイトだけど・・・・・在宅


f0077807_20323023.jpg

[PR]
by roman-tan | 2008-09-26 20:33 | Nepal

商業活性化対策

最近、何でそういうことになるの、ということが多いのだけれど
これもそのひとつ
何で私がこんなテーマに関わる羽目になるのだろう。
商業活性化対策なんとやらで、商店街の話らしい。
別に意見を求められているわけじゃないから
私はただ聞いていればいいんだけど。

今までに多くの方々が話し合い
税金もいっぱい投入してきて
これで、何をこれからみなさんお話しするの?と思う。
個人努力は別の話。

集まるのは担当の行政の人ばかりだという。
担当が作った概要と案を聞いていて、あまりのつまならさに
担当者同士で商店街の悪口でもいいあったら?と思った。
本音を出し合ってみないと、真実は見えないのに。
もう、多くのことを、都市計画のプロや偉い関係者が検討してきたはず。
素晴らしい解決策は表明済だと思う。
同じことをやっても、同じ答えしか出てこない。

なぜ、行政の人は商店街に対し低姿勢でモノが言えないのか。
なぜ、商店街は被害者意識が強いのか。
なぜ、あんなに威張っているのか(商品へのプライドとは違う)。
なぜ、あのわけのわからない地域ブランドは消費者ニーズとかけ離れているのか。
そもそも、消費者のニーズ把握をちゃんとしているのか。
そして、果たして商店街は必要なのか。

こんな単なる消費者としての疑問
友人と話しても、みんな同じようなことを思っている。
涙ぐましいさまざまな取り組みは確かに行われている。
でも、商店街が訴えるテーマが伝わってこないし
消費者も見ていないような気がする。
とても遠くにあるように感じてしまう。

でも、よその街の商店街を歩くのは意外に面白い。
ここは、まだもうひと工夫で頑張れそうって思ったり
商店街で親切な人に出会って、気に入ったり
面白いものを見つけて、また来ようって思ったり

県内で、頑張っている商店街は3つくらいだそうだ。
ひとつは全国的にも稀有な事例
そういえば、市内の商店街、もう何ヶ月も行っていない・・・。
[PR]
by roman-tan | 2008-09-25 19:39 | NPO法人

主婦の感覚

よく選挙なんかでも時々聞かれる
わけの分からない、不愉快な言葉「主婦の感覚」
意味がわかるようでわからない。
「人妻の感覚」っていうのもヘンだけど・・・

お金に細かいってこと
それとも、日々生活にどっぷり浸かっていること
つまり生活者視点とかいうのを訴えているのだろうか。
それもまあ一理あるけど、それだけではないなと最近思う。

主婦というのは、家の中で帝王になれる。
不在がちな夫の場合は、特にそうかもしれない。
帝王は領地において、すべての決定権を持つ。
民主主義の場合もあるけれど、それはめったになく
多くの場合は君主政治をおこなう。
言い換えれば「仕切り屋」、「自己チュー」

それをそのまま社会に持ってきた時の
非社会的行為をさして、「主婦の感覚」というのではないかと・・・
悪意はなく、むしろ善意の塊で
周りも見ずにただただ懸命に突き進む。
それは非難よりも、むしろ哀れ感を誘う。
NPOには、性別問わずよくいる「主婦感覚」のボス


こんな記事を思い出した。
横暴ボスザル、3カ月でクビ 淡路島、いじめに若手反撃(朝日新聞 2008年8月25日)
兵庫県洲本市にある野生ザルの見学施設「淡路島モンキーセンター」で、8代目のボスザルに昇格したイッチャンがわずか3カ月でその座を追われた。弱い者いじめを繰り返す横暴ぶりに業を煮やした若いサルたちが集団で反撃したのだ。センターで抗争によるボス交代が確認されたのは1967年の開所以来初めて。イッチャンの在任期間は歴代最短だった。「平和主義者で優しいマッキーをみんなが支持していたが、乱暴者のイッチャンがボスになり、これまでの秩序が崩れると危機感を募らせた結果の抗争劇だったのではないか」

サルも同じか・・・・

f0077807_22161872.jpg

[PR]
by roman-tan | 2008-09-24 22:16 | NPO法人

猟犬

こうやって、猟に出かけていくらしい。
猟に行くという緊張感よりも、遠足にでも行くみたいにほのぼのしている。


f0077807_19231890.jpg



猟犬30匹を飼っているということなので
あとのワンちゃんたちは、お家で留守番ということだろうか。

猟犬の訓練はとても大変らしい。
子犬の時から、「森へ行くのは遊びじゃないんだ!」を教え込むらしい。
一人前(犬)の猟犬になるには、何年かかかるという。
イノシシと闘って怪我をしたり、命を落とすこともある。
それに、ひと月の餌代ももの凄い金額



ウチの甲斐犬マヤも、猟犬候補なんだけど・・・
今のところ、私と闘牛ごっこをするのが好きみたい。

f0077807_19302022.jpg

[PR]
by roman-tan | 2008-09-23 19:35 | シカ被害

自動販売機

昨日、朝早くでかける途中の田んぼの中(家から2,3分)
パトカーから警官が降りてきたばかりだった。
どうしたのか思ってみると
自動販売機がこじ開けて壊され、中の現金が盗まれているようだった。

周りには民家もないところ
ジュースの自動販売機が置かれていたのは
中古車修理場か何かで、外国人がよく出入りしていた。
夜になれば車もほとんど通らない田舎道
大きな音を出しても誰にも気づかれない。
でも、労力のわりにリターンの少ない自動販売機を襲う犯罪
外国人かなってちょっと思った。

こじ開けられたような自動販売機を見たのは初めてで、眠気が吹っ飛んだ。
のどかな田園風景にそぐわない風景
考えたら、そもそも自動販売機がそこにあるのもヘンだけど
いまじゃ富士山頂にもあるらしい(昔行った時はなかった)。


色々なものの自動販売機が、どこにもあってとても便利だけど
こんなに自動販売機が路上にあるのは日本くらいじゃなかろうか。
アメリカだって、モールや建物内にはあるけど路上にあるのは見たことがなかったし
ネパールにいた時も公衆電話ができたら、即座に壊されお金が盗まれた。
現金を溜めた箱が路上にあれば盗まれる、と考えるのがよそではフツー。
日本も安全ではなくなってきたから被害が増えるのも当然だけど。


自動販売機も進化しているから
壊されそうになったら悲鳴をあげたり、説教したり
スタコラサッサと逃げ出す機械もできるかもしれない。
ロボット自動販売機で移動可能?
でも、これだけあっちこっちにある自動販売機が動く、それも恐い。


f0077807_1015238.jpg

                雨に濡れたオジギソウの花
[PR]
by roman-tan | 2008-09-22 10:08 | 発見

フィルム・コミッション

f0077807_21102943.jpg


最近、何度か異なった土地のフィルム・コミッションの話を聞いてはいたけど
具体的な仕組み等がよくわからなかった。

フィルム・コミッション(Film Commission、FC)は、映画等の撮影場所誘致や撮影支援をする公的機関である。地方公共団体(都道府県・市町村)か、観光協会の一部署が事務局を担当していることが多い。映画撮影などを誘致することによって地域活性化、文化振興、観光振興を図るのが狙いとされる。2008年3月10日現在、全国FC連絡協議会の加盟FC団体は103にのぼる。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


先週聞いたばかり
有名な映画にエキストラとして参加して
何故か膝下だけが映ることになったけれど
ストップしないと見過ごしてしまうという話。
ヒロインの美しさに、一週間恋してしまったという話。
ニワトリの雄叫びを待つこと数時間
これらは大笑い話だけど
いったい、仕組みはどうなってるのという疑問

私みたいにほとんどテレビを見ない人にとっては
番組や俳優名を言われても、チンプンカンプンで
「ふうん、それで?」で終わってしまいがちな話。


実際にフィルム・コミッションに取り組む方とお会いする機会があって
どんなものなのかはナットクできた。
映画は好きで、映画に出てくる街や国にはすぐ行きたくなるので
その点の狙いどころはよくわかった。

実際の誘致の苦労話など聞いてて
燃えるような情熱が必要な活動だとつくづく思った。


でも私は、やっぱり映画を見ている方が好きかも・・・・



f0077807_2111051.jpg

[PR]
by roman-tan | 2008-09-19 21:14 | NPO法人

テングサ

f0077807_188468.jpg


「え、木屑?」、それとも・・・・「ヘチマ?」と、失礼なことを思ってしまった。
ところてん心太て書くことは知ってても
テングサって、初めて見た。
日本一の生産地、伊豆のテングサ

テングサ(天草)は、紅藻類テングサ科の海藻で心太、寒天の原料になるものの総称。石花菜(せっかさい)とも呼ぶ。 最もポピュラーなものはマクサ(英ceylon moss、学名Gelidium crinale)である。 他にオオブサ、ヒラクサ、ヨレクサ、ナンブグサ、コヒラなどが含まれる。赤紫色をしているが、水にさらし、天日乾燥させることを4、5回繰り返し、退色して白色になったものを乾燥させ、寒天や心太(ところてん)の原料とする。古くから、交易の品物として取り扱われ、延喜式には、「大凝菜卅」(オゴノリ)と言う名で記載されている。 また、万葉言葉の残る地域では「てぐさ」と呼ばれている。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


生産地は、日本全国、伊豆・伊豆諸島、九州・五島、四国など
海外でも、韓国、、チリ、モロッコなど

テングサは、「海藻」(花が咲かないで、胞子で増える)で
海草」(花を咲かせ、種を作り種で増える)とは区別される。

トコロテンの作り方
寒天にしたい時

バッチリと作り方は調べたんだけど、まだ実行できていない。
それにしても・・・・・何人分のトコロテンができるんだろう、すごい量!



f0077807_1863273.jpg

               一昨日くらいから咲き出した彼岸花
[PR]
by roman-tan | 2008-09-18 18:40 | 発見