アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

<   2008年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧

静岡空港、立ち木問題で完成延期を申請2008/10/30 J-CASTニュース)
静岡空港近隣の私有地にある立ち木が航空法の高さ制限を超えている問題で、静岡県は2008年10月29日、当初は08年11月1日としていた工事完成予定の延期を国土交通省に申請した。立ち木を避けるために2500メートルの滑走路を300メートル短縮して運用することになり、追加工事が必要になったため。
なんか・・・昨日から全国ニュースで、恥ずかし。
本名は、富士山静岡空港
富士山の世界遺産を勘定にいれたかどうだか知らないが、車の「富士山ナンバー」もできた。
楽観的過ぎる空港の需要予測と経済効果
他市の地方空港の経営状況から、当初から建設反対者も多い。
焼身自殺で訴えた人もいたけど、結局強引に建設された。
メディアなんかも空港賛成ムードで報道していたような気がする。
県内の有名企業が集まってできた
富士山静岡空港株式会社が運営するのだからしょうがない。
まあ勝手にやってと、揉め事嫌いな静岡県民
特に東部地域では、冷ややかに無視する人が多い。

測量ミス、知事の責任、行政の体質とか、色んなことがいわれている。
前知事の時に建設決定され、それを引き継ぐことで選挙に勝った知事
行政の体質もあるだろうし、議会で決めた議員さんたちとか
誰も見に行って気づかなかったのだろうか。
また、そんな知事・議員を選んだ県民が悪いのか。
(私は空港は要らないと思っていたので、反対派に投票したけど)
*西側制限表面の支障物件の問題についての申入書は実名入りの過激な文書。

もう建設しちゃったんだから、先に進むしかないけど
ホントにバカバカしくて情けない。
空港のために福祉予算が削られ、多くの犠牲が払われてきたはずだろうに。
あとは最大限の空港利用と、知事が去ることだろうか。
[PR]
by roman-tan | 2008-10-30 16:40 | 森林

野菜の芽

さわやかな朝、時間があったので
久しぶりに畑を見に行くと
野菜の芽が出そろっている。
野菜の花も感動するけど、種から出たばかりの芽も元気がでる。。

f0077807_17462624.jpg

          九条ネギの芽は

f0077807_17474738.jpg

          タマネギの芽と区別ができない。

f0077807_17493120.jpg

          来年初夏の楽しみ、ソラマメ

f0077807_17503830.jpg

          エンドウはこれから冬を迎えるというのに育ちすぎ

f0077807_17513665.jpg

          お雑煮用の静岡京菜           

f0077807_17534030.jpg

          シシトウの赤い実

f0077807_17541976.jpg

          青いシシトウ

f0077807_17565685.jpg

          シシトウは花と実が同時
[PR]
by roman-tan | 2008-10-29 17:58 | 庭の植物

ネットスーパー

アマゾンに「食品&飲料ストア」がオープン
ネットスーパー利用が増えてきたという新聞記事も最近読んだばかり。
本やCD,ソフトや実物がわかっているものは、ネットで買うことが多くなった。
特に本屋さんは、売れる本しか店頭に並べてないから
ネットで買う方がほしいものが手に入りやすい。

日常品をネットで買ったことはないけれど
その方が、時間的にも余分なものを買うといった無駄がなくなるかもしれない。
でもあくまで、実物をすでに知った品や信用できる店に限る。
表示偽装がこれほどまでにあると、確実なものにしか手が出なくなる。

最近ちょっと楽しい買い物は
隣の市の駅ビル1階にある八百屋さん、魚屋さん、お肉屋さん
商店街の店がそのまま入った感じで、威勢がよく地場のものが新鮮で安い。
特に魚屋さんは、地元の人もお薦め。

もうひとつはデパ地下の食料品
私の市にはデパートがないので余り関係ないけど
デパ地下のスーパーや果物やさん、出かけた時は利用する。
先日もすぐ食べれるアボガドがほしくて買いに出かけた。
あんなにおいしいアボガド、ちょうど食べごろのいいもの
身近な店では見当たらない。
少々売値が高くても、質がそれ以上に高い。
おまけに店員さん、とても感じがよかった。

商品がわかっているものはネットで
そうでないものは直接に
買い物の形は確かに変わっていくと思う。
[PR]
by roman-tan | 2008-10-28 23:14 | 発見

Viva La Vida / Coldplay

ipodのCM曲だったんだ、そんなことも知らなかった。

運転中に流れてきた曲は
株安が続き、世界的な景気の減速
激動の現在にぴったりの曲だ、という解説
今日もバブル後安値を割った。
I used to rule the world
Seas would rise when I gave the word
Now in the morning I sleep alone
Sweep the streets I used to own

私はかつて世界を支配していた
・・・・
私が支配した街を自分で掃除する
はあ?
歌は一部しか流れなくて、どんな歌なんだろうかと不思議に思ってた。





U2っぽくて、いかにもイギリス・ロックって感じ。
問題の歌詞は
英語の歌詞、色々ある中から日本語訳
世界史に詳しくない私には
ルイ16世をモチーフにしているなんて説明されても難しい。
「現代の変革の時代で、後悔する人生を送るな」というメッセージらしい。

Once you'd gone there was never
Never an honest word
That was when I ruled the world


景気は、どんどん悪くなるのだろうか。
[PR]
by roman-tan | 2008-10-27 20:17 | 映画とか・・

簡易水道

昨日から水道の水圧が下がっているのか、水に勢いがない。
今朝になるともっとひどくなって、水が細くなっている。
家周りやメーターをチェックしてみたが、原因がわからない。
私の地区は、簡易水道組合が水道事業を行っている。
そこで町内の簡易水道組合に連絡した。
日曜日の朝からの速やかな手配・修繕
とても早い対応で助かった。

簡易水道とは
水道法上、導管及びその他の工作物により、水を人の飲用に適する水として供給する水道のうち、給水人口が100人を越え5,000人以下であるものをいう。簡易水道事業は、水道法上では、給水人口が5,000人以上の水道事業と概ね同じ取扱いであるが、小規模簡易水道事業については、消火栓設置義務が免除されるなどの若干の特例が設けられている。また、上水道については地方公営企業法が適用されるが、地方自治体が経営する簡易水道については地方公営企業の適用については地方自治体の条例で適用するかどうかが決められる。ただし、地方財政法上は上水道も簡易水道も同じ公営企業の扱いであり、特別会計を設けて運営しなければならない。(ウィキペディア『Wikipediaより』)

全国簡易水道協議会というものもある。

市の計画では、簡易水道を市の上水道へ統合する計画がある。
災害時に備えて、安全・安定供給のためということらしいが
水質もよくおいしい水であり、かつ災害のことも考えたら
地域で供給できる体制である簡易水道を、維持しておいた方が得策だと思う。

もともとの小さな村が合併して市になったが
全てにおいて後回しにされる地域は、自立して地域の生活を守ってきた。
水道に限らず、色々な自立の仕組みは行政よりも頼りになる。

でも、一般的に簡易水道にも問題はあるらしく
水の世紀を底辺で支える簡易水道を読むと歴史や問題が見えてくる。
確かに、全国の簡易水道関係への補助金額は大きいみたい
この国からの補助制度が、平成28年にはなくなるらしい
う~ん、知らなかった!
[PR]
by roman-tan | 2008-10-26 15:20 | 発見

シーズン

来月で生後1年になるマヤ
やっと落ち着いたマヤに戻ってきた。
思慮深そうな瞳と甲斐犬のクールさ。


f0077807_19443163.jpg



初めてのシーズンに入っていたらしく
落ち着きはなくなるは、食欲はなく
散歩に行ってもソワソワ、ちょっと心配していた。

屋外犬ではあるけれど、他の犬に接することはないし
人の目が行き届かない時は、囲いのある犬小屋にいる。

マヤの兄弟や親戚の様子をブログでチェックすると
同じ時期にシーズンに入ってたらしい。
シーズンが終わると、マヤの両親も別居生活を解消して
冷え切った夫婦関係で同居に戻る。
マヤの父親はすごい虎毛で、母親はとても気の強い黒犬。


最近、マヤにも虎毛がちょっと増えてきた。

f0077807_1957636.jpg


みんな、ちょっと甘やかしすぎのような気もするけど・・・
[PR]
by roman-tan | 2008-10-25 20:13 | 甲斐犬マヤ

労働条件

あまりの労働条件の悪さと、運営・管理の悪さで辞めた、という話がいくつか・・・
あの人が?と驚くようなケース、でも当然だよねとナットクもできる。
それくらい、指定管理者制度下での労働条件は悪い(市・県でも)。
実質、最低賃金以下じゃないの、と言われている(福利厚生もなく)。
それなのに、それを議会で論じでくれる人はいない。

やりがいを感じて、趣味の領域と重なっている時はいいかもしれないが
そうでなくなった時、不本意なことをしなければならなくなると
ひどい労働条件は、我慢に耐えないのだろう。
私の周りも有為転変状態だ。


今週はとても体調が悪くてヨレヨレにもかかわらず
出歩くことが多く、しかも話をする機会も多かった。
性格的には、目立たずコツコツ仕事をする方が向いていると思うけど
人に会うことも多いし、外向的な振りをしていることも多い。
自分でも一番信じられない事実は、アメリカの大学で助手をしていた時
週数時間クラスを持っていたということ。
今考えると悪夢のような日々であり、家族も信じない。
仕事だとクールに割り切っていたが、よく倒れていた。

私の労働条件もかなり悪くて
ライフワークと仕事の区別ができないことがある。
好きなことならマイナス事項は気にならないけど
気が進まないことは、仕事だと割り切らないとできないのに
条件が悪すぎる。
その折り合いがいつまでできるのか、正直わからない。
「子育て」という足かせから解き放たれるまでは、としてきた。
自分で決めた約束期間が過ぎたら、起動修正。

体調は悪かったけれど
とても気に入っている人たちを引き合わせたくて、という場
「仲良くしましょう」になれるだろうか。

f0077807_14412540.jpg
癒しのマヤだけど
やっぱり・・・・・恐そうかも。
[PR]
by roman-tan | 2008-10-25 14:47 | 指定管理者制度

あらい商工葬祭協同組合

今日聞いた講演の中で、おもしろいなと思った話。

地域連携で元気になった商店街の事例として
あらい商工葬祭協同組合
郊外型ショッピングセンターの出店や、ライフスタイルの変化への対応不足等によって、地域の商業事情は衰退の一途をたどっていた。平成9年10月に酒屋・食料品店・菓子店・仕出し店・贈答品店及び寿司店等計33店で「あらい商工葬祭協同組合」を設立した。出資金として各個店20万円を出し合い、行政からの補助金等は一切受けずに自分たちの力だけで立ち上げると決意し、投資はせず祭壇や霊柩車、葬儀ホールなどは町の施設を借用するかたちでスタートした。3年で町内における葬儀のシェアは95%まで伸びている。
田舎の葬儀は、もともと近所で協力し合って行ってきたものだから
業種のわりには、違和感なく受け入れられたような気がする。
柔軟な発想と熱心さの賜物だろうか。
コミュニティビジネスであり、一種の商店街活性化。

イベントでいくら人が集まっても、経済活動に繋がらなければしょうがない。
イベントに追われてしまっては、本来の活動を見失う。
あれ、どこかの中間支援組織みたいな話になってきた(ヒトごとじゃない)。

成り行きで関わった商業活性化対策なんとやら
全くの素人として聞いた話で感じたキーワードは
「個店強化」、「人づくり」、「コミュニケーション」。
どうやらこれらがニーズであり、対策らしい。
これって、もしかして何にでもいえることかもしれない。
[PR]
by roman-tan | 2008-10-23 21:01 | NPO法人

Yeti(イエティ)

ネパールで雪男の足跡? インド紙報道
【ニューデリー21日共同】21日付のインド紙タイムズ・オブ・インディアは、日本人のベテラン登山家らで構成する捜索隊が、ヒマラヤにいるとされる雪男(イエティ)の足跡をネパール・ダウラギリ山群で発見、写真撮影に成功したと報じた。捜索隊の高橋好輝隊長によると、9月21日から10月4日までの間に計3例の足跡を発見。いずれも人間の素足のような形で、約20センチだった。
う~ん、無理があるかも。
イエティ(雪男)という言葉は、ごく普通に使われていて
ホテル・イエティとか、イエティ・とラベルとか・・・溢れてた。
だけど、みんな信じてたの?
20センチの足跡は、雪男のものには見えないけど・・・

イエティとは
ヒマラヤ一帯に古くから棲んでいるとされる獣人で、ネッシーや猿人などと同様の未確認動物。身長は2m前後 、全身を長い体毛で覆われ、 足のサイズは縦45cm幅32cm 。足の指は大きな2本の指と小さな3本の指がある。イエティとは現地語で「岩場の怪生物」という意味で、「雪男(カング・ミ)」の名。1832年にネパール在住のイギリス人、B・H・ホジソンがヒマラヤに住む怪物「ラクシャス」に関する文を発表。1951年にエベレスト遠征探検隊のエリック・シプトンが足跡を撮影し、公表。1959年、日本のイエティ探検隊が巨大な足跡を発見。


イエティ・プロジェクトなるものがあるらしい。
http://www.everest.co.jp/yeti2003/
ブログもある。

イエティはとてこて、とにかく山は美しい!
ダウラギリで見つけたんだ。
ちなみに、ダウラは薪という意味。
長く滞在した村の部屋の窓を開けるとダウラギリだった。
目の前にいつもダウラギリがあった。

参考に、ヒマラヤの高峰
[PR]
by roman-tan | 2008-10-21 20:05 | Nepal

乾物屋の猫

何それ?
使ったことはないけれど
オモシロイ喩えで、つい笑みがこぼれてしまう。

乾物屋の猫
乾物屋に飼われている猫は店に並んでいる色々な乾物に口を出す。
転じて、何にでも首を突っ込むこと。
乾物屋さん自体、あまり馴染みがない。
昆布や鰹節、干椎茸などが並べてるお店
古い商店街で時折見かけたことがあるけど、猫はいない。
昔は猫の好物がいっぱいで覗き込んでいたのだろう。
幸せな猫ちゃんて感じがするけど・・・

似た意味で「馬糞茸」(音にすると美しくないけど、マグソダケ)というのがあるらしい。
そこいら中に馬糞が落ちていた時代
馬糞に生えたキノコのことをいう。
転じてどこにでも出てくる奴のこと。
どちらもいい意味でというよりは
ちょっと茶化した感じで使うらしい。

情緒ある言い回しがたくさんあるけれどf0077807_1710421.jpg
現在の生活とはだんだんかけ離れてきて
だんだんつかわれなくなってしまうのだろうか。

「秋の日は釣瓶落とし」の「釣瓶」もないし
「馬子にも衣装」の「馬子」もいないし・・・
そのかわり
新しいフレーズができるのかも。
[PR]
by roman-tan | 2008-10-20 17:27 | 発見