アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

<   2009年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

寄付文化

寄付文化を日本にも定着を、ということはよく言われていて
ファンドレイジングという言葉も珍しくなくなったし、それを目指す団体もできた。

日本にも昔から篤志家がいて、村のために何かを建設したとかいう話はあちこちある。
今だって、半ば全戸強制的な赤い羽根募金や
胡散臭いテレビのショー的募金集めも行われている。
ホントに寄付する気なら
テレビなんかのショーを制作するお金を全部寄付する方がずっといいわけで
あれは闇のお金を処理する手段だとか
嘘か誠かの話を読んだことがあるけど、胡散臭さはずっと感じている。

要は日本では大口の寄付、お金持ちの寄付が欧米に比較して少ないということだ。
小口寄付を苦労して集めるより、大口寄付を集める方が効率がいいけどそれが難しい。
数でみると富裕層はニートの倍以上、存在する

ニートのためのNPOに、もっと富裕層は寄付すればいいとなると話はわかりやすい。
富裕層向けポータルサイト 「ゆかしメディア」というのもある。
こういった富裕層をターゲットにした、寄付行為啓発は確かに必要かもしれない。


個人的には、欧米のような寄付文化は日本には根付かないような気がする。
日本で育つ寄付行為は、きっとこれらとは違う形ではと思う。

小さい頃から、ファンドレンジングという行為に慣れ親しむアメリカ
あちこちで頻繁に行われるファンドレイジングのパーティーやショー
自分でできる範囲の金額を支払う。
私も決して豊かでない学生だったけど
それを惜しいと思わず支払える場面設定はなんだったんだろうと思う。
周りがするからでもなくて、単にそうすることが楽しかっただけかも。
そういう気持ちにさせる演出が上手かったのかもしれない。

アジアでも、大陸的になると見返りを求めず提供する行為、喜捨みたいな感覚。
差別の強いヒンズー世界でも、富は水のごとくない所に流れるという感覚があって
自分より貧しい者には、たとえ豊かでなくとも日常的に喜捨する。
宗教的、移民国家という社会的背景が異なる。

NPO法人を設立しようとして
会費は寄付的意味合いが強いわけなのに
会費に対してどんなサービスを提供したらいいのかと、異常に気にする人がいる。
それは民間企業なら当たり前の感覚で、むしろ大切なことで
逆に悪用したり、補助金慣れしてる場合よりいいかもしれない。
でも、団体の事業を通じて
個人ではなく、社会に貢献をするという意識がまだ足りないともいえる。

日本人は経済活動に慣れすぎて、『ただより恐いものはない』感覚が強いのか。
寄付の見返りに提供されるサービス
それは税の控除であったり、精神的な充足感(NPOであったら事業成果を見て)になる。
その点を明確に提示されないと、寄付行為にまで及べない。
寄付したいと思わせる活動・組織がしっかりした団体(除政治・宗教)がもっと増えればいい。

f0077807_15313845.jpg

[PR]
by roman-tan | 2009-02-28 15:41 | NPO法人
f0077807_19154025.jpg
虫取りに行って
知らないで触ってしまって
ひどい痛みに子供は大泣きをする。
通称「デンキムシ」は幼虫名で
成虫の正式名は
イラガ鱗翅目イラガ科の昆虫



カキノキやバラ科の木に多く発生するらしいが
シダレモモに繭がたかっていた(近くにカキノキはあったけれど・・・)。
鳥の卵のようなかたちをしているイラガの繭
この中で春になるのを待ちながら蛹になる。

f0077807_1972760.jpg

繭は独特の茶色い線の入った殻で、「スズメノタマゴ」や「たまむし」などと呼ばれる。
いけない虫なんだけど、面白い形の繭
鋭い痛みについては
刺激はかなり強く、場合によっては皮膚に水疱状の炎症を生じ、鋭い痛みの症状は 1時間程度、かゆみは1週間程度続くことがある。卵をつぶしたり触れたりしてもかぶれるので注意が必要。刺された場合、まず流水で洗う。棘が残っていれば粘着テープなどで棘を除去する(患者はかなりの痛みを感じているので配慮が必要)。その後、市販の虫刺されの治療薬を塗るとよい。症状が酷い場合や目に入った場合は医師の治療を受ける。正確な毒性分は解明されていないが、ヒスタミンやさまざまな酵素を成分とした非酸性の毒だとされている。中和目的にアンモニア水を塗っても効果は無く、抗ヒスタミン剤を塗布するのが有効であるとされる『ウィキペディア(Wikipedia)より』。


すっきりしないお天気が続くけれど
植物や虫たちは、しっかりと春に備えている。

f0077807_19142739.jpg

f0077807_1915765.jpg

[PR]
by roman-tan | 2009-02-26 19:21 | 庭の植物

男性相談

不真面目と言われても仕方ないけど
「男性相談」があると聞いて、思わず笑ってしまった。
「女性相談」てあったかな、とも考えた。
特定なテーマにおける解決策について
医療とかDVとか、恋愛はたまた人生相談なら理解できるけど
性別で相談を分けるのも変な気がする。

1998年以来、年間3万人を超えている自殺者のうち7割以上が男性だそうだ。
男性の方が問題を抱え込むのだろうか。
だからの「男性相談」なのかもしれない。
日本は、交通事故数より自殺数が多い国でもある。

誰かに愚痴をこぼしたり、話すことで楽になることもあるだろうし
不明な手段を人に聞くことはもちろんあるけど
こういう窓口が本当に役に立つのだろうか。
男性は利用したいと思うのだろうか。

最近「草食系男子」という言葉があるけど
若い男の子、そんな感じの子は多い気がする。
中性的というか、ギラギラしてないというか
そういう子たちはきっと、男性相談は必要ないでしょと思うけど・・・

先日、「ボクは未年(ひつじどし)で山羊座」と答えられた時は大笑いだった。
確かに完璧に草食動物だ。
彼はとても知的で物静かな人だった。
[PR]
by roman-tan | 2009-02-24 21:03 | NPO法人

失礼な新聞記者

「新聞読まない」、「購読していない」人が増えているのに
公表される購読数がほとんど変化していないのは
配達されずにそのまま古紙回収へ・・・なんて話もある。

宣伝のために新聞に載せてもらいたいとか
載るのが好きな人とか
載った記事を仰々しく・・・というのもかっこ悪いよなと内心思うけど
イベントはやっぱり新聞に載せてもらおうということになる。

きちんとした新聞記者もいるけど、かなり失礼な記者も時々いる。
取材に来てやった、載せてやるといった横柄な記者
これまでそんな嫌な記者が2人位いた。
この前の人は、その2番目だった。
こういう人たちと仲良くして、記事をたくさん載せてもらうのも営業かもしれないけど
新聞の力をそれほど信じていないので、他の人にそれは任せる。

その逆に、特別な依頼はしてないのに
突然やってきて、問題を一緒に考えてくれた記者もいたし
真剣に取材する素敵な女性記者もいた。
会社というより、個人の問題なのかもしれないけど。

「新聞記者は正義の象徴」みたいな時代もあったけど
捏造であったり、癒着であったり、競争であったり
最近は「営利追求の使者」のイメージの方が強い。

新聞を一紙だけ購読しているけど
私もテレビや新聞よりネットニュース利用者だ。
不思議なのは
ネットのニュース記事はどうしてすぐリンク切れになってしまうのだろう。
あえて残さないと消え去る。
海外の新聞は結構長期間そのままなのに・・・


f0077807_13341713.jpg

                      マヤの笑顔を見習わなくっちゃ
[PR]
by roman-tan | 2009-02-23 13:39 | NPO法人

クリスマスローズ

1年位前に植木鉢から地に植え替えて、すっかり忘れていた。
赤紫の花がいくつか咲いている。

f0077807_1648129.jpg

f0077807_164819100.jpg


花は中心部の小さい部分で、美しく見えるのはガク弁だそうだ。
早春に咲くということだけど、暖かな日が続いたせいだろうか。
もの凄い種類があって、名前がどれだかわからない(クリスマスローズのページ)。


コメザクラの花ももいくつか咲き出した。
f0077807_16571782.jpg

[PR]
by roman-tan | 2009-02-22 16:58 | 庭の植物

Stevie Wonder

朝、ラジオでStevie Wonderの特集をやっていて、懐かしかった。


”Isn't She Lovely”という(これはちょっと編曲が違うけど)曲
曲の中に、自分の娘の泣き声や笑い声、会話が入ったバージョンがあって・・・よかった。


          Superstition






      free
これは、知らなかった。


[PR]
by roman-tan | 2009-02-21 20:33 | 映画とか・・

旧友

日本に遊びに来ているネパールの友人から電話があって、4年ぶりに話をした。
日本の大学を出ているから、彼の日本語は九州出身の日本人にしか思えない。
ネパールの現状を聞いてみると
一時期よりは政情も安定しているけれど
観光客は以前ほど多くはないし
政府やNGOの援助も、まだ奥地には戻っていないそうだ。
彼はネパールで援助関係のコンサルの仕事をしている。

日本で働いていたこともあって、家族4人で泊りがけで遊びに来たこともあった。
私たちがネパールにいる時もお世話になった。
ネパールでは多分いい暮らしをしている層ではあるけれど
2人の子供を小さい時からカトマンズの寄宿舎制の学校に通わせる。
もっと余裕があれば、インドの学校に通わせる人もいる。
ネパール人の英語信奉は日本人よりもずっと強いから
英語教育の徹底している寄宿舎制の学校に、中流家庭でも無理をしてでも通わせる。
英語を流暢に話せても、ネパール語の文法を間違うネパール人も珍しくない。

彼に初めて会った時、とても可愛い大学生だった。
それから数年後再会した時、別人かと思った。
すっかり貫禄づいて、人はこうも変貌するのかと驚いた。
ネパール人は食生活のせいもあるのか、老化が加速する。
最近でこそ平均寿命は60歳を超えたけど、当時は40歳代だった。

東京にはネパールレストランが多くある。
先日もたまたま泊まったホテルの近くにネパールレストランがあって
ネパール人が3人働いていた。
久しぶりのネパール語を話したら、お茶をサービスしてくれた。
ネパールカレーでなくて、インドカレーが出てきたのがちょっと残念だった。
出稼ぎネパール人、何人になったんだろう。

ネパールは確かに貧しい、というよりは貧富の差が大きい。
都市と地方(僻地)での生活水準の差が激しい。
ただ、僻地でも衛星放送のテレビで世界の様子を知っている。
私たちよりすっと裕福な暮らしをしている人もたくさんいるし
田舎の暮らしが果たして本当に貧しいのか、考えさせられる場面にも多く出くわした。
国外からの必要な支援というのももちろんあるけれど
国内で処理していかなければならない問題も多い。
中で完結できる問題もあるのに、その力を阻んでいる国外支援というのもある。

生活の中の、切り取られたほんの一部の絵を見て判断する難しさ
とかく傲慢な判断になりがちな、嫌らしい自分も何度も見つけたような気がする。
久しぶりの会話で、ネパールのことを考えた。
[PR]
by roman-tan | 2009-02-19 22:53 | Nepal

心配な県

公務員は市より県、県より国の方が偏差値が高いのだろう。
現実にそれを感じることはよくあるけど、
公務員としての仕事態度は必ずしも比例しないのかもしれない。

相変わらず開港間近の地方空港の問題ばかりが出てくる。
県東部にとっては無駄なものだと言うと
中部の市は、東部出身のかつての県知事が決めたことだと反論される。
確かに・・・・そうだ。
静岡空港:日航の福岡便、搭乗率保証 全日空が県に抗議(毎日JP)

一方問題になっている医療、県の状況は
(47都道府県;人口10万人対) ・病院数43位(5.0か所)・一般診療所数37位(69.8か所)・一般病院病床数43位(589.8床)・一般診療所病床数35位(92.8床)・従事医師数44位(169.9人)・従事小児科医師数44位(139.8人)・従事産科・産婦人科医師数38位(35.2人)・看護師数37位(591.0人)・准看護師数43位(204.9人)<以上平成19年12月21日現在の公式データ>
この数字を見ていると、情けなくなるし
この先大丈夫なんだろうかと、心配になる。

ホームレスの現状を知りたいと県の担当から問合せがあった。
昨年末、ホームレス支援の窓口を必死に調べたけど
結局、行政にも民間にもこの地区にはなかった。
むしろ、行政から回されてきた人もいた。
そんな事例を通して現状をお知らせした。
別に担当者が悪いわけでもない、むしろとても感じのいい人だったけど
今頃、まだホームレス支援の状況把握しているの?
問合せをしたいのは私たち県民なのに・・・・

他にもあった。
知りたい、というから情報提供は当然する。
それ以上を期待しているようだけど
その先は指定管理者の仕事じゃないでしょ、ご自分たちでね。
と思うから、私は「やります」とはいわない。

まだまだある。
直接関係ない部署からの厚かましい依頼
加えて、自分たちの都合のいいやり方を押し付ける。
私の言える範囲のことは、はっきり指摘はするけど
「協働」というのは、単に「利用する」ことだと勘違いしているのではないか
そう思わざるをえない機会が最近多い。。
それを何の交渉能力も持たず「ハイハイ」するのも情けない。

市の指定管理者制度は、まだ金額を含めた契約レベルの問題という部分が大きいけど
県の指定管理者制度は、金額レベルの契約交渉がうまくできない問題はまだ残っているけど
契約を実際に進めていく上での問題が多いような気がする。


この不景気の中で、赤字が予想される空港の開港
垣間見える福祉等の状況
優先順位はこれでいいのだろうかと不安になる。
[PR]
by roman-tan | 2009-02-18 22:56 | 指定管理者制度

お雛さま

節分、バレンタインデーが過ぎると店先には雛あられが並び
お雛さまを飾らなくっちゃと思いはじめる。

f0077807_1993798.jpg


毎年のことなのに、写真も見るのに
どこだっけ、みなさまの定位置がわからなくなってしまう。

雛人形のサイを見て

     上から五段目のお三方は『仕丁』(衛士)
     いろいろなお仕事のお世話をして
     泣き上戸、笑い上戸、怒り上戸の三人一組
     御所の掃除道具の箒、塵取、熊手が持ち物
     関東では大名行列の沓台、台笠、立笠を持った飾りもある。

長年気になっていた、この3人の正体がやっとわかった。
泣き上戸のお仕事は、お葬式だろうか。
笑い上戸はピエロみたいな役回りかな。
怒り上戸って・・・何の役に立つんだろう。
それとも、宴席での役回りだろうか。

f0077807_19241640.jpg

これで、桃の花が咲くまでの長丁場となる。
[PR]
by roman-tan | 2009-02-17 19:27 | 発見

サル被害

雨が上がった翌日、動物たちがよく登場すると聞くけれど
家の庭で、こんなにたくさんのサルたち
10匹はいたと思う。
ドングリ色の毛をしたサルたちが、赤いお尻を向けて逃げていった。
振り向いた顔が恐くて、遠くからしか撮影できなかった。

f0077807_15105865.jpgf0077807_15114355.jpg



被害はというと・・・・

f0077807_1522185.jpg


踏みにじられた野菜






f0077807_15213136.jpg


引っこ抜かれたタマネギ
美味しくないのでやめたらしい。





f0077807_15233083.jpg


食べ散らかしたキンカン
清見という甘いミカンは全滅






全国的に農作物の鳥獣被害がひどいわけだけど
ウチにはシカもイノシシも登場しないくて・・・
サルがやってくる頻度が高くなった。

サルはヤギが嫌い!? 果樹園で実証実験(2009年1月19日 毎日jp)
ニホンザルによる食害が深刻な果樹園でヤギをつなぎ飼いしたところ、サルが近付かなくなる効果があることが、福島県の南会津農林事務所の実証実験で分かった。
そういえば、タロがいるころはそれほどでも・・・・
確かにヤギの体臭は強烈で鼻が曲がりそうな時期がある。
でも、タロがいたから来なかったのではなく
第2東名の工事のせいで人里までおりてきたように思う。

サルの被害に関する最近のニュース
北限の猿、個体数調整 むつで初作業 5匹捕獲(2009年02月10日河北新報)
NPO法人ニホンザル・フィールド・ステーションというのもあるという。
そこから軽井沢のニホンザルにたどりついた。
先日も、軽井沢のサル、熱海のイノシシ被害について聞いたばかりだった。
そういうこととは無縁そうな人から
オオカミがいいかもとか、エアガンは・・・という話まで出てきて
けっこう困っている人がいるんだ。

とにかく、日本の生態系が崩れていることは・・・・わかる。
だけど、この狭い日本で生態系のバランスを戻すには
かなり無理な鳥獣捕獲、それと森林(自然)再生の同時進行が必要になる。
それが果たしでどこまで可能なのか、もう田舎だけの問題でもない。

うちは、どんな対策をとろうか思案中。
[PR]
by roman-tan | 2009-02-16 15:58 | 庭の植物