アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

<   2009年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

1990年には入管法が改正され、日系人は国内で就労が認められるようになった。
その結果、地方の工業都市では外国人労働者の増加に伴い社会問題も発生した。
①生活習慣の違いから起こる地域社会との摩擦
②治安悪化、
③日系人の地方税や社会保険の未納
また、日本語を話せず学校をドロップアウトした不就学児の増加
日本語を話せない理由は
日本にいても日本語を話さなくてもいい環境にあったり
児童労働(不法なのに)で学校に行けなかったり
母国と日本を行ったり来たりで学校から離れていったいなど、理由はさまざま。

先日見学に行った、公立学校をドロップアウトした青少年のための事業
浜松ジュントス布橋教室”エスペランサ”
[学び直しの場」始動(asahi.com 2009.9.25)
繁華街にたむろしていた2年前の冬、「うるさく話しかけてくる日本人」と出会った。「夜回り」活動中だった同大の津村公博教授だった。
この日本語がとても流暢な男の子が、コーディネーターとして活躍してた。
「受講生の減少が悲しい」と話していた。

静岡県西部には外国人が多いことから
地域、NPO、教会関係など様々な事業が展開されている。
外国人が自分にあったプログラムを選択する仕組みになっているのだろうか。
横の連携とかはどうなっているのだろうか。
教会が頑張っているのが印象的だ。

磐田市多文化交流センターも見学した。
こちらは年800万程度の予算がついている。
近くに公団があり、そこに外国人が多く居住する。
しかし、昨年末からの経済状態で帰国した外国人も多いそうだ。
日本人でも大変なこの時代、外国人はもっと厳しい状況にある。
子どもたちの明るい声と笑顔のこの施設は地域と密着型でよかった。
移民」と「外国人労働者」
「移民」と「移住」、「難民」・・定義も混乱してくる。
「移民」は異なる国家に移り住んだ人々で
「移住」はある国家の国民が別の国家に移り住むこと。
移住は長期居住で、観光客や旅行者は通常含まない。
通常一年以内の居住を指す季節労働者は移住として扱う場合が多い。

日本には約100万人の来日外国人労働者が在留(2007)し
その家族や特別永住者等を含むと200万人の在留外国人が居住する。

外国人の人権保護から考えたら、まだまだ不十分なんだろうなと思うけど
問題はそんな簡単なことじゃないので
複雑な気分だし、不思議に思う点もいくつかあった。
*なぜ、いいチャンスが利用されないのか不思議(無料だよ)。 
 また無料というのも不思議であり、少額でもお金を取るべきではないかと思った。
 アメリカのナイトスクールでは安く英語が学べ、メキシコ人等が利用していた。
 また、将来オーストラリアに行きたいから英語を学びたいという要望も面白かった。
*外国人コミュニティの自立支援が必要なのではと思った。
 外国人の日本同化政策が主流なんだなと感じた。
*南米同士の国でも色々確執あるらしい。

グローバリゼーションと少子高齢化、大人に翻弄される子どもたち


f0077807_1142470.jpg

[PR]
by roman-tan | 2009-09-30 11:53 | NPO法人

犬の話

「動物の家」読んでいて思い出した話。

年に一度義務づけられている「狂犬病予防注射」
個人的に獣医さんで受けて、市へ申請すると
市の巡回による予防接種より安くできるらしい。
予防接種により、市は利益があるはずだが
差額収入は犬のために使われていない、ということを聞いたことがある。

平成19年度の全国の予防注射頭数は5,097,615頭
約500万頭とし、予防接種料金を仮に2600円とすると総額130億円となる。
利権がらみではないかとの疑問もあるらしい。
ドイツのようなシステムのために使われるならともかく
使途不明だ、追求したいと、犬好きの友人が話してくれた。
それが本当なら困った話だ。

動物病院はそれぞれ診察料やワクチン料が異なり
最近は、家まで予防接種にきてくれて、かつ値段も安価な良心的なシステムもある。
ダニとりワクチンなども、ネットで買う方が安い。

お店に並ぶ、可愛いくて何故かかわいそうなペットたち。
ペットブームを商売にする人がいるのも仕方ないけど
飼い主は最後まで責任を持たないといけない。


うちの2匹のワンコたち
バイーの親、ローマンタンは捨て犬だった。
君たちは、幸せかい?って・・・


f0077807_101042100.jpgf0077807_1011280.jpg
[PR]
by roman-tan | 2009-09-27 10:15 | 甲斐犬マヤ

電気自動車

電気自動車、ほしいなあって思う。

効果ガス削減には電気自動車がカギ=ゴーンCEO(2009年9月25日)
[ニューヨーク 24日 ロイター] 仏ルノーと日産自動車の最高経営責任者(CEO)であるカルロス・ゴーン氏は24日、自動車が普及しつつあり、かつ温室効果ガスの排出削減を目指さなくてはならない国にとっては、電気自動車のような「ゼロエミッション車」が非常に重要だとの考えを示した。
 日産は自動車業界でも電気自動車に特に力を入れているメーカーの1つ。8月に公開した電気自動車「リーフ」は2012年に量販化を計画している。
 クリントン元米大統領が主催する年次会議、クリントン・グローバル・イニシアチブのパネルディスカッションに参加したゴーンCEOは、バッテリー技術が進んだことで、現在の電気自動車のコスト効率はガソリン車と変わらなくなっていると指摘。「モビリティを保つためには、ゼロエミッションに行かざるを得ない。唯一の疑問は、すでにわれわれが準備できているのか、今より優れた技術かつ安い値段を手にするのにもう5年待つべきかだ。われわれは今がその時期だと思っている」と語った。
 また、電気自動車を本格普及させるのに大規模な公共投資は必要ないとの見方を示した上で、規格標準化に関しては官民の協力が必要だと述べた。

「11年後に二酸化炭素(CO2)の温室効果ガスを25%削減」という公約
電気自動車は大きな役割を果たすのだろうか。

電気自動車って、大雨など水対策は万全なんだろうか。
乾燥地帯はいいとして
湿気が多かったり、水浸しになりやすい地区での安全性確保が気になる。
すぐ水溜りができてしまう地区に住む者にとっては心配事。
感電したり、火花パチパチってことにはならないだろうか。


先日、初めてロードサービスを利用した。
バイパスで、なぜか突然車が停まってしまった。
連休のさなか、渋滞に巻き込まれるのではないかとヒヤヒヤもので
とても心臓に悪いできごとだった。
幸い、プロはすぐやってきて、手際よく車を運んでくれた。
車って、動かないとタダのデクノボーに過ぎない。

さらにはパソコンも止まってしまって、「壊れたか・・・」と思ったけれど
これはリカバリーで回復できてひとまず安心。
データはすべてバックアップしてあったけれども
フリーソフトを利用したデータを開こうと、再度ソフトをダウンロードしようとしたら
「ソフト廃止しました」ということでがっかり、データが使えない。
家計簿だったので、みんな消えてしまった。
エクセル変換にはできるのかな・・・、私の知識では不明。

日々便利に使っているものが、突然作動しなくなると
少なからず動揺してしまう。
どれだけ依存した毎日を送っていたのかが、身にしみてわかる。
どちらも一応復活できた。

生活が便利になればなるほど
災害や事故等でそれを失った時の喪失感とパニックは大きい。
その大きさを想像するだけで怖くなる。
それなのに、さらに便利なものを求めてしまう欲望は果てしない。


f0077807_2034381.jpg

[PR]
by roman-tan | 2009-09-25 20:39 | 公共交通

ネギ一族

ワケギが球根で増えるということを、最近知って驚いた。
ネギはネギで、多少の品種違いかと思っていた。
九条ネギ等のネギは、種子栽培で種を蒔く。
種のまだついている九条ネギの芽(↓)

f0077807_19313495.jpg


ネギ事情、西日本と東日本ではちょっと違うらしい。
西日本
ワケギとネギは別物で、青ネギと違い独特の風味がある。西日本ではわりと区別がはっきりしていたらしい。
東日本
葉ネギの株別れが多い品種の「分けネギ」を「わけぎ」と称し、若摘みを「あさつき」として売っている。(千葉産、茨城産)東日本の人にとっては青ネギとワケギは同じような物?関東では、九条細系の若ネギや万能ネギをワケギと呼んだりして混乱しているらしい。
ネギは地方色が濃い野菜で、種類も豊富という。

タマネギの芽(↓)は九条ネギと似ている。
同じネギ一族らしい。
f0077807_19414353.jpg



ハクサイの芽(↓)は、カイワレ大根にもなれる。
どんな植物でも、種から芽が出てくる姿は感動的。
f0077807_205338.jpg

[PR]
by roman-tan | 2009-09-24 20:05 | 庭の植物

彼岸とおはぎ

f0077807_15352462.jpg


久しぶりにおはぎを作った。
甘さ控えめの21個のおはぎ

食べたくなればいつでも作っているような気がするけど
彼岸とおはぎの関係は?
彼岸は仏教用語であるけれど、他の仏教国にはない日本固有の考え方。サンスクリット語「波羅密多〔はらみた〕」の訳だと言われる。正しくは到彼岸〔とうひがん〕、つまり生死を繰り返す迷いの世界(生死輪廻〔しょうじりんね〕)である此岸(この世)を離れて苦しみの無い安楽(涅槃常楽〔ねはんじょうらく〕)な彼岸に至るという意味。

まずは、平安時代の「末法思想」から始まった。
安定しない政治・社会情勢から、人々は死後に極楽浄土へ行けるようにと願った。
そういえば、日本史で習ったような気がする「末法思想」。

仏教の教えである「中道」の精神と「彼岸」は合致していた。
春分と秋分の日は昼夜の長さが同じ
暑くも寒くもないほどほどの季節
太陽が真西に沈む時期で、西方極楽浄土の阿弥陀仏を礼拝する日
人々の生活に浄土をしのぶ日
あの世にいる祖先をしのぶ日としてふさわしいと考えるようになった。

で、何故におはぎかというと
赤色の小豆は、古くから邪気を払う効果がある食べ物とされるそうだ。

身近なものでも、その意味合いを知らないものが意外とあるものだ。
[PR]
by roman-tan | 2009-09-22 15:56 | 発見

銀杏

f0077807_2057869.jpg


収穫の秋
次から次に現われる収穫物。
今日は銀杏をいただいた。
ウチにも大きな銀杏の木はあるけれど
一本だけで、雄株か雌株のどちらかだけなので実はならない。

いただく銀杏は、いつも写真のようにきれいな状態なものばかりだけど
ここまでにするのはとても大変な作業らしい。
ギンナンの果実はウンコそのものの臭いを発散するそうだ。
漢方では古来よりせき止めや、膀胱の括約筋を強くする効果から夜尿症・頻尿の改善に使われていて、良質のタンパク質はコレステロールを減らし、滋養強壮にも効果があるなど様々な薬効がある一方で、ギンナンには神経に働くビタミンB6の作用を妨げる中毒物質が含まれていて、食べ過ぎると痙攣などの中毒が起きることがある。大人は肝臓に解毒する酵素を持っているが、幼児は解毒能力が発達していないため中毒になりやすいので特に要注意。
紙封筒に入れて電子レンジでチンとして食べると
とても美味しいけど・・・食べすぎに注意ということ。
[PR]
by roman-tan | 2009-09-20 21:07 | 発見

補正予算見直し

補正見直し30基金の大半中止へ 政府、作業に着手
政府は18日、09年度補正予算の執行停止方針を受け、事業の見直し作業に着手した。地方自治体以外が設置した農地流動化促進のための基金など計30基金(総額約1兆9400億円)については「景気浮揚への効果は疑問」として、来年度以降の事業の大半は取りやめる。官庁・国立大学整備費(約6千億円)に関しても緊急性が低いため、事業を中止する方針を固めた。

今朝の新聞に、これらの中で県関連の基金一覧が載っていた。
身近な生活に関わるものもけっこうある。
・消費者行政活性化基金
・地球環境保全等基金
・障害福祉推進基金
・安心こども基金
・緊急雇用創出事業臨時特例基金
・森林整備地域活動支援基金
・介護職員処遇改善基金
・介護基盤緊急整備基金
・社会福祉施設等耐震化等臨時特例基金
・地域自殺対策緊急強化基金
・森林整備加速化・林業再生基金
・高校生修学支援基金
・医療施設耐震化臨時特例基金
・地域医療再生基金
最近に耳にしていたもので
「緊急雇用創出事業臨時特例基金」(6ヶ月未満の緊急雇用創出)などは
手続きが既に進んでいる中で凍結された。
基金依存が小さいものはいいけど
緊急雇用のように、事業費半分以上が基金依存では県独自での事業化もたいへんだし
市町の事業への影響も大きい。
市による「シカ管理計画」事業縮小の可能性も高いという話もあるし
有害鳥獣駆除の仕事を緊急雇用を利用していたが、予定変更もありと。

「見直し」するのはいいことだし
なくしてもいいものもあるのかもしれないけど
必要度や優先順位を公平にしっかりと見直してほしいなあと思う。
むしろ、公益法人制度改革をトットと進めて
そこに流れている補助金禁止と天下り禁止をセットに資金回収をしたらと思う。
何やっているかわからず、お金ばかり溜め込んでいる公益法人は多い。


f0077807_872376.jpg

[PR]
by roman-tan | 2009-09-19 08:10 | シカ被害

f0077807_18583764.jpg

栗の収穫
数回の栗ご飯は楽しめるだろうか。
栗は意外と虫がつきやすい。

久しぶりに市役所に行ったら
耐震工事とやらで入り口も移動して、様変わりに戸惑ってしまった。
トイレはこの辺ではなかっただろうかとウロウロ。
自分が市民だったことを忘れるくらい、市役所を訪れることなかった。

日常生活に必要な買い物は近くでするとして
その他の買い物は他市に出かけるし
用事がないと市役所周辺にも行くことがない。
面白いイベントがあれば出かけることもあったけど
最近はそれもないし。

かつては市立病院も利用したが
治療科が閉鎖になったり、評判も下降気味で
最近はもっぱら隣市の病院を利用している。
住まいが市境に近いせいもある。

今日改めて思った。
私は市民だったんだと。
[PR]
by roman-tan | 2009-09-18 19:43 | 庭の植物

戻り鰹

初鰹っていう位だから、は初夏が美味しいのかと思っていた。
先日、秋の鰹は美味しいということで頂いたら・・・すごく美味だった。
お寿司って、自分の好みのネタしか食べない傾向にあるけれど
お魚に詳しい方のお薦めに従ったら、どれも美味しかった。

鰹の美味しい季節は春と秋の年二回ある。
春、黒潮にのって太平洋岸を北上する時期に漁獲されたものを 「初鰹」
秋、水温の低下に伴い南下してきたところを漁獲したものを「戻り鰹」 と呼ぶ。
戻り鰹は初鰹と違いエサをたっぷりと食べているため
しっかりと脂がのって美味しいそうだ。
近海でもけっこう色んな魚がとれるらしい。

カツオの生態
カツオは世界中の温帯から熱帯にかけての大洋に広く分布する。幼魚は小さなイカ類や甲殻類を餌としているが、成長するとイワシ類を食べるようになる。そのイワシを追って、大群をなして日本近海に近づく回遊ルートは二通りある。一つは黒潮にのって北上するルートで、フィリピン、台湾、南西諸島を経て日本列島の太平洋岸に現れる黒潮系。九州南部に近づくのが二月中旬、四国沖が3月中旬、紀伊半島が4月、伊豆・房総沖が5月と北上を続け、6月には常磐沖、7~8月には三陸沖まで進み、9月に北海道南部に達して水温が低下すると,Uターンして南の海に帰っていく。カツオの適水温は17~29度Cとされるが、これは黒潮の水温に近いという。もう一つのルートは小笠原系と呼ばれる群れで、ミクロネシア付近から小笠原海流にのって小笠原諸島、伊豆諸島とまっすぐに北上し、関東沖から三陸沖へと向かい、水温が低下すると南下を始める。いずれのルートでも、北上する群れは海の表層を泳ぐが、南下する時は中層を通る。
なお、回遊魚のカツオだが、大洋の島周辺の水温の高い水域で周年を過ごす瀬付きの群れもあり、日本周辺では、南西諸島や小笠原諸島の付近に生息している。回遊群は比較的若い3~4年魚が中心だが、瀬付きの群れは大型の成熟魚が多い。(鰹の豆知識


鰹のなまり節(生利節)も好きだけど
これって意外とローカルな食品らしい。
水分を40%程度含むため、昔は生産地周辺でしか消費されなかったそうだ。

保存の効く乾燥鰹節は、何本もまとめてネパールに持参して重宝した。
もちろん鰹節削り器もいっしょに。
チョコンチョコンと削るのを、ネパール人は不思議そうに見ていた。
日本人は木屑を食べると思っていたらしい。
社団法人日本鰹節協会なんてのもオドロキ。

鰹についてこんなに考えたこと、なかったような気がする。


f0077807_20343474.jpg

               トウガラシの花
[PR]
by roman-tan | 2009-09-17 20:37 | 発見

中間支援センター(No.2)

2ヵ月半ぶりに、中間支援センターを訪れた。
自分の体がどうなってしまうのか、全くわからない状態で
リセットする方が迷惑をかけないだろうと思った。
懐かしい多くの顔に会えてうれしかった。

スタッフの出入りがかなり激しいセンターだけど(定着率が悪い)
どのスタッフとも、現場でお会いする方々とも有意義な時間を過ごせたと思う。
ただ、組織の経営陣に対する私の不満は大きかった。
問題提起はしたものの、解決プロセスにいつまでたっても移行せず
責任転嫁をしあってばかりで、見苦しい。

以前のNPO法人も、このセンターを運営するNPO法人も
官製NPO法人という共通点があり
問題の現われ方にこそ違いはあれ、根本的な問題は同じだと思っている。

利用者としての立場からは、また違ったものも見えてくる。
中間支援センターは、「NPOの初期活動支援」という要素が強いわけだけど
ここももう6年余り、もうちょっとソフト面の充実が求められないのだろうかと思う。
県がそれでいいっていうのなら、いいのだろうけど税金だし・・・。
結局、安価な印刷機・コピー機やスペースしか得られない気がする。
それならそれで割りきって、ハード支援施設として充実させればいい。

他のNPO、大学、企業との中間支援は望めそうにないし
情報だってそれほどあるのかなって思う。
自分でやった方がいいと思うっている人は、センターに中間支援を求めていない。

民主党政権になって、市民活動は大切にされる?とか。
県レベルではそれがどう出てくるのか、という関心も高い。
もの凄い無駄な面もあるのは確かな中間支援センター
無駄の必要性もあるけど
どのようなセンターを求めるのかを明確にしてほしいなと思う。


f0077807_1833175.jpg

[PR]
by roman-tan | 2009-09-16 18:37 | 指定管理者制度