アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

<   2010年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

朝顔づくし

一年位前は、死んじゃうのかなあって思っていたのに
また夏がやってきた。

先週に術後一年の検査をして、検査結果を聞きにいってきた。
なんともないということで、ひと安心。
無治療で元気だったけど
遠心分離機の外側にほおり出されそうな気分の一年。
消極的で、後ろ向きになってしまった姿勢は自分でも嫌だと思いつつ・・・


早起きして朝顔の写真

f0077807_17182693.jpg


f0077807_1718455.jpg


f0077807_1719117.jpg


f0077807_17193487.jpg


f0077807_1719564.jpg


f0077807_17202219.jpg



もうちょっとやりたいことやろうっと。
[PR]
by roman-tan | 2010-07-31 17:30 | 庭の植物

利用者会議

他の県はどうなんだろうか。
わが県は3つあった県の市民活動センターが事業仕分け事業の対象となった。
ひとつはすでに縮小移転され
あとの2センターに関しての検討が進められている。
各センターでは大きな発言力を持つ施設利用者会議と県のやりとりが継続開催され
その議事録がHP上に公開されている。
これが読み直してみるとなかなか面白い。

なるほど、県はこういう考えだったのかと改めて知ったり
利用者のつっこみに思わずパチパチとしたくなる点もある。
こういうときだけ出てくる県議もあったり
(いつもバカにしている県議に、やたらに気を遣ったりして)
回を重ねるごとに結末が楽しみになる。
いったいどうなるんだろうか。
どっちが論破できるのか、どちらに世論は味方するのか
イマイチよくわからない知事はどこに落とし前をつけるのか
とても興味深い成り行きだ。

冷ややかな立場のしての意見は
① 世の中景気が悪いわけで、事業仕分けの意味は充分理解しないといけない。
② 施設利用者(スペース利用者)は狭く固定化している。
   利用者会議というのは既得権益者の会議ともいえる。
   そこに真実はあるのか。
   「公の施設」の意味を再確認すべきだと思う。
③ 施設のハード面は確かに重要で場は必要だ、でも広さではない。
   近隣に代替施設案あれば無駄なく利用するほうがいい。
   こういう施設の重要な機能はむしろソフト機能だと思う。 
   「おいしい料理を出すレストランなら辺鄙なとこでも繁盛する」
   結局これと同じだと思うけど。
  施設の目的を明確化すれば、自ずとそのあり方も決まってくる。

将来は市町のセンターが主体になる、といわれる。
同じ市内にいくつもセンターは必要ない。
田舎へ行っても施設はいっぱいあるけどソフトがない。

あまり暑いと難しいこと考えるのが嫌になるので
終わってから、議事録だけ読ませてもらってフムフムと。
[PR]
by roman-tan | 2010-07-31 17:16 | 指定管理者制度

助成金審査

f0077807_4462223.jpg


先日、県境にある市の協働まちづくり助成金審査の仕事を頼まれた。
もともとあるものに加えて、初めて実施する助成金ということだった。
これってテリトリー侵害になるかなあと
しがらみっぽいことをちょっと考えたりもしたけど。

窓口が県から出向している部長さんだし
「しがらみのない方がいい」ということだったのでよしとした。

これがなかなかおもしろかった。
以前、既得権の補助金審査をしたことがあったけど
あれは事業仕訳要素が強くて重苦しい雰囲気が漂っていた。

初めてのプレゼン審査ということで
パワーポイント資料作成講座を開いたそうだ。
そのせいか
アニメーションや説明文がやたらに懲りすぎ
その努力がまた微笑ましかった。

外部から呼ばれた大学の先生と私
これまでの経緯やしがらみが全くないので、疑問点や質問が細かな点に及ぶ。
最初は褒め称えてばかりの地元のおじいちゃんも
それにつられてだんだん厳しい視点になっていった。
しがらみのど真ん中にいらっしゃりながら、素晴らしいご決断だと感心した。

裕福な工業都市で、市民活動は必要に迫られない。
市職員にもはやりの「協働」とか、そういった感覚が全くないという。
必要とされないのに無理やり植えつけるのがいいのか悪いのか
財源が豊かにあるからやってみるという事情もある。
いっそ市外の団体も応募OKとなったら
市民はもっと躍起に応募するのかもしれない。

各地で市独自の助成金が交付されている。
これも流行りなのだろうか。


同じ県内でも色々な市町があって
その対応や人の雰囲気に特徴が楽しい。
中でも極めつけは、初めて会った際に
「どこの馬の骨かもわからない」と言い放ってくれた某市のセンター長
思わず「ヒヒーン!」と答えたくなった。
市が育てるのもいいけど、内向きになりすぎは弊害だと思った。

今週は、その「馬の骨じいちゃん」と再決戦。
こちらの陣地にやってくる。
別にケンカに来るわけではなく、仲良くやるプログラムの打ち合わせ。
そろそろ生涯学習の趣味活動センターからステップアップした方がいいと思うけど。
[PR]
by roman-tan | 2010-07-27 05:36 | NPO法人

裸踊りの新しい公共

今頃になってなんだけど、面白いなあと思ったので。
鳩山さんのtwitter
「新しい公共」が一人歩きを始めました。こんなに嬉しいことはありません。私に「裸踊り」をさせて下さったみなさん、有り難うございました。その私に続いて「裸踊り」をしようと立ち上がって下さったみなさん、有り難う。この伝播力が必ず社会を大きく動かすでしょう。
2:46 AM Jun 15th webから
の裸踊りが実はこれだったという話。
デレク・シヴァーズ 「社会運動はどうやって起こすか」





でも鳩山さんは裸踊りをしたわけではなく、ただの二番煎じだったという話。
全く新しくない「新しい公共」宣言、「NPO無謬説」に陥った鳩山政権(JBPress)
その影響かどうか
最近、行政に近寄りがたい会社とか
公共事業が減って仕事が減った会社とか
暴力団がらみの話とか
あやしそうな会社がNPO法人を作ろうとしているとか
こんな話を身近でよく聞くようになった。
「行政に入りやすいから」という理由を平然と言う。
会社のためのNPO法人という位置づけらしい。
会社のまま経済活動を活発化してCSRを積極的に取り組んでもらう方が
世の中のためにはなるような気がするけど。

書類さえ整えればNPO法人は作れるだろうし
会社の利益にはつながるだろう。
「NPO無謬説」に陥ってしまったのは鳩山さんだけではないらしい。


JBPressから
 今日の米国の非営利団体が直面する4つの危機を指摘している。(1)財政の危機 (2)市場競争の危機 (3)有効性の危機 (4)信頼性の危機――を挙げ、日本のNPOも今後こうした危機に直面する恐れがあるという。4つの危機のうち、(3)がNPOの本質を問う最も根源的な危機になる。この有効性の危機は3つの問題、すなわち「社会プログラムの問題」「プロフェッショナルへの批判」「説明責任の問題」
新しい公共の考えは歓迎すべきものだと思う。
だけど、これまで差別されていた少数派が
大きな顔で不当な権利を行使するような異常な事態になってほしくはない。



f0077807_1931128.jpg

[PR]
by roman-tan | 2010-07-25 19:31 | NPO法人
今年初めての朝顔が咲いた。
あまりの日差しの強さに、すぐに花がしぼんでしまった。

f0077807_20174979.jpg


事故からたった一カ月なので
だんだん忘れかけていた三ケ日青年の家の事故。
おりしも今日は海の日
地元紙よりはずっと強い切り口の東京新聞の記事があった。
県も管理者も ずさん 浜名湖ボート転覆死 1カ月(東京新聞 7月18日)
ここで興味深いのは
三ケ日青年の家と同じ指定管理者
小学館集英社プロダクション」(東京都)が運営管理していたという
岡山渋川青年の家

静岡県担当者の
「新人は現場で実地で学ぶ、いわばOJT(職場内訓練)でつないできた」に対し
岡山県は
県の方針で、県から指定管理者への移行後も一年間にわたり
岡山県職員が三人常駐して引き継ぎに当たった。
「三ケ日」では実施されなかったボートのえい航訓練や
「注意報発令時は平均風速八メートルか、視認で海面の七割に白波が見えたら中止」など
細かなマニュアルを共有していたそうだ。

といって、岡山県を手放しに誉めるのは危険であり
こんな記事もあった。
『中学生が死んだ浜名湖の青年の家』と『岡山県立渋川青年の家』を同じ会社が指定管理者

指定管理者の位置づけがどっちも明確ではないという。
参考 :岡山県のHP 「岡山県渋川青年の家について」

事故はいつだって不運に違いないけれど
原因は追求すべきだし、改善すべきは改めないと
亡くなった方は悲しすぎる。
[PR]
by roman-tan | 2010-07-19 20:31 | 指定管理者制度

グリーンカーテン

突然の梅雨明け
昨日までの雨雲がうそのように晴れわたって、暑い。
ゴーヤ、キュウリ、ヘチマのグリーンカーテンも大きくなった。
部屋の中がなんとなく緑色

f0077807_1761947.jpg


f0077807_1763868.jpg


緑のカーテンコミュニティサイトなるものもある。
また企業のCSRにも利用されているようだ。
日立化成グループ のグリーンカーテンプロジェクト
関西電力
中部電力
京セラグループのグリーンカーテンの取り組み
(財)新潟県環境保全事業団

別に難しいこと考えて始めたわけでもないし
CSRとかいわれちゃうと、それほどのことでもないんじゃないのと思ったり。

とにかく、これから予想されるゴーヤ
毎日たべるとしても、ゴーヤチャンプルー以外の料理を学ばねば。

ヘチマは糸瓜と書く、沖縄では食べるらしい。

f0077807_17254413.jpg


                     ナタマメの花
[PR]
by roman-tan | 2010-07-17 17:27 | 庭の植物

ネパール

最近ネパールがらみの話が多い。
日本にいるネパール人のイベント話や
シャプラニールの人と話していたら知り合いの名前が出てきたり。
今の仕事のきっかけも
もともとはプラッと参加したNGOでネパールに行ったことだったから
大きな部分を占めても仕方ない。

シャプラニールも随分と大きくなったんだなあと、HPを見て思った。
善意の押し売りのようなNGOも多かった中での成長株だったということなんだろう。
援助ビジネスともいわれる発展途上国のINGO/NGO
色々な話題が尽きなかった。

最近コンビニのレジでネパール人女性が働いていた。
「グルン」と名札がある。
グルン族のグルンさんはとても日本語が上手で真面目そうな可愛い人だ。
別のお店で買い物をしているのを見かけた。
今度会ったら話しかけてみよう。

ネパールレストランを開いた友人は
経営が上手くいかず、結局ネパールに帰った。

イベントを企画しているネパール人は
日本の大学を卒業して大企業に就職し
日本人と結婚して家も建てた。

私が初めてネパールを訪れた1980年代には考えられないような現象ばかり
世の中は変わったし、ネパールも日本も変わった。
いつまでも貧しくかわいそうだと思っておきたい
善意豊かなトンチンカンな人たちは
そんなネパール人に対して冷たい。
自分の描いた絵の中で楽しんでいるらしい。

ネパールどころか
日本にも問題は多いわけで、関わり方も変わってきた。

f0077807_7485689.jpg

[PR]
by roman-tan | 2010-07-15 07:49 | Nepal

白戸次郎

よく名前が出ている白次次郎って誰だろうって思ってた。
静岡駅にも来たんだ!

どうして帽子をきちんと被っていられるんだろう。
白戸さんは紀州犬だったと思うけど
耳の立っている和犬にとって帽子は鬱陶しいのに。

f0077807_213425.jpg


当選後はどのような展開になっていくんだろう。

本当の選挙結果も出て、なんかすごい世界だなあと
気まぐれな国民を相手にする政治家はギャンブラーみたい。

f0077807_214873.jpg

[PR]
by roman-tan | 2010-07-12 21:05 | 発見

当選確実

投票時間が午後8時までで
その直後に当選確実でのバンザイ
その仕組みがイマイチよくわからないなあと思う。
県内に関しては予想通りという感じだろうか。

10時過ぎに投票に出かけたら、投票会場は意外と混雑していた。
私みたいな浮動票
信念がないというか
支持できる政党がないから、人で選ぶ。
従って、比例区投票は頭をひねる。

f0077807_20125923.jpg


県知事が民主党になって何か変わったのか、よくわからない。
少なくとも何かがよくなったようには思えない。
知事の講演を一度聞いたことがあるけれど
この方、県庁の中で味方がいらっしゃるのかなあと思った。
下からの情報は届かない仕組み、孤高の人なんだろうなあという印象。
確かに博識だから話は面白かった。

先日評価が新聞に掲載されていた。
NPOに関しても少しの記載があった。
で、どうするの?っと思った。
ずっとそうだけど
担当が替わってフラフラと、責任逃れのモニャモニャで
結局、なんだかよくわからない小学校みたいな「班」が担当に残っている。


選挙って不思議なのは
夢中になって応援する人たち
憑依したみたいに一心不乱に応援している。
あの原動力は何だろう。
[PR]
by roman-tan | 2010-07-11 20:56 | 発見

一番果のスイカ

開花後33日目の一番果のスイカだそうだ。
送っていただいたスイカはとても甘かった。

株元に近いのが一番なりの実で
外側の生長と中身の生長がともなわず
味は良いのだけれど皮は厚く
熟す頃は中身が空洞になっていることが多いらしい。

f0077807_20435232.jpg


でも、いただいたものは全く空洞がない。
スイカは大好きなので、毎日食べている。

一緒に届いたカボチャもとても美味しかった。

  スイカは西瓜
  カボチャは南瓜
  キュウリはは胡瓜
  ゴーヤは苦瓜

瓜の季節がやってきた。
[PR]
by roman-tan | 2010-07-10 20:53 | 発見