アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

<   2010年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

大晦日

2010年大晦日の風景

f0077807_18504097.jpg


甘えん坊マヤがウロウロとする中で

f0077807_1846521.jpg


いつもながらうつむき加減の水仙

f0077807_18474057.jpg


南天(ナンテン)
「難を転ずる」縁起の良い木
福寿草とセットで、「災い転じて福となす」
花言葉は「私の愛は増すばかり」、「良い家庭」
なるほどね、花言葉って誰が考えたんだろう。

f0077807_18523641.jpg


おせち料理
なぜか、伊達巻にこだわる。
今年もまあまあの出来だと自画自賛
私が作ったのはこれだけで、あとはお手伝い。

f0077807_18534993.jpg


お豆から栽培するとか・・・という話だった黒豆。
なかなか育たないらしい。


f0077807_1854392.jpg


他にもいろいろあるけど
将来は私一人でつくることになるのだろうか。
むずかしいかも・・・。


日頃の怠慢もあるので、ここ2、3日は家事に精を出した。
家庭イベントも企画から実施まで色々調整がたいへん。
年末年始は日常とは違った世界

今年はブログ更新があまりできなかったなあ、とか
色々反省ごともあるけれど
元気で生きていたから、全て良しとすることにした。
[PR]
by roman-tan | 2010-12-31 19:19 | 発見

Brahms: Symphony No.4

切ない始まり、なんか年末にピッタシだなあと思った。
こんなんもある。
How to Not Be Depressed on New Year's Eve

「鉄のカーテン」の向こう側にいた芸術家
指揮者のEvgeny Mravinsky
















この曲の面白いエピソード
[PR]
by roman-tan | 2010-12-30 20:10 | 映画とか・・

外部評価

公の施設の委託運営管理業務の外部評価
自己評価点をつけたことはあるけれど
外部評価を受ける場に居合わせたのは初めてだった。
自己評価は事業実施団体の自己評価
内部評価は委託事業を出している県の評価
外部評価は外部の審査委員の評価
外部評価の必要性は認めるけれど
あり方にはずっと疑問だった。
高い評価傾向にある外部評価と、実際の運営管理状態とのギャップ。
シャンシャンと手を打つためのセレモニー的外部評価という印象。
自己評価すら、低い評価点を出すと没にされていた。
自分たちを否定することになるから「おかしい」と。
評価はあくまで評価だし
低くたってこれからどうするかの大切な指針であるはずなのに。

施設の評価は外部評価、内部評価と自己評価の平均からなる。
内部評価と自己評価にも多少違いがあった。
その説明も受けたが、まだよく理解できない部分もある。
審査員から「内部評価に対し受託者から意見を聞くべきだ」と指摘があった。
受託者はどうしても弱い立場にある。
外部審査員からそれを言ってもらえるととても助かる。

厳しい審査員対策を躍起に進められ
中間報告書の書き方も指示を受けたり、変更させられたり。
私たちは顧客のいうことを素直に聞く立場にあるわけだけど
最近それもどうだろうかと思う。
オカシーこと満載の注文だったり
振り回されて、本来あるべき姿を見失いそうになる。

前の施設評価で叱りまくったという大学の先生は
とても穏やかでニコニコとやさしかった。
私にも教えていただきたいことがたくさんある。

評価点数は主観的な点も多いが
色々参考となる意見も出てよかった。
県以外の人の意見を公に聞ける機会は、私たちにとっても健康的だ。
結果だけHPで公開するだろうけど
こういう外部評価委員会は公開にしてもいいんじゃないかと思った。

公の施設
事業仕分けでどんでん返しになるより
常に公開で見直していく方がいいと思った。
[PR]
by roman-tan | 2010-12-27 22:22 | 指定管理者制度

イタコ・シャーマン

昨日の記事が面白かった。
消えゆくイタコ 修行を敬遠・高齢で廃業…今や十数人(朝日新聞)

イタコを実際にみたことはないけれど
ネパールにもジャンクリというシャーマンがいた。
病気を治したり儀式を行う。


イタコは日本のシャーマンで女性が多いらしい。
三味線と歌で各地を巡り歩いた「瞽女(ごぜ)」
視覚障害者が社会で生きるための重要な仕事だったそうだ。

 最も古い日本の宗教の形態はと問えば仏教でも神道でもなく、それはシャーマニズムである。シャーマニズムはおそらく数十万年も遡ることができる人類最古の宗教的伝統でもある。世界中の狩猟採集民族にはあらゆる事物には精霊が宿るというアニミズムの信仰がほぼ共通して見受けられる。そして霊的存在と交流する人々をシャーマンと呼ぶ。エリアーデによるとシャーマンにはトランス状態になって肉体から抜け出して霊的存在と交流して帰還するエクスタシー(脱魂型)と霊がシャーマンの肉体に憑依するポゼッション(憑依型)がありイタコは憑依型である。

 東北地方におけるシャーマンが誕生するプロセスには2つのタイプがありイタコ系とカミサマ系に分かれる。カミサマ系はある日、突発的に神懸かり、シャーマンの病とよばれる変容をへて、祈祷師としてデビューする。信者を持つ新興宗教の教祖タイプである。南部では屋号をつけて○○のカミサマと呼ばれる。津軽ではゴミソと呼びカミサマ系は死者の口寄せをせず予言や託宣、占い、災難を祓う祈祷を主に行なう。イタコ系はほとんどが盲目の女性でイタコの師匠に弟子入りして一定期間修行して、死んだ人の霊をおろさせる口寄せの技術を学んで自立する。
(引用:シャーマニズム・イタコ)

新興宗教的なものは怪しげだし
イタコを信じているわけでもないけれど
必要とされなくなって消え去るもの
イタコだけじゃないけど、寂しさを感じる。


f0077807_19514143.jpg





シャーマニズム(シャーマン)に関する文献
[PR]
by roman-tan | 2010-12-25 19:54 | 発見

顧客

委託事業の中間評価がある。
自己評価に内部評価に外部評価と、評価にも色々ある。
自己評価は事業実施団体の自己評価
内部評価は委託事業を出している県の評価
外部評価は外部の審査委員の評価という分類になっている。

県の委託事業を行っている私たちにとっての顧客は
仕事を委託してくれる県、サービス提供相手である市民の両者になる。
間に入って両方が満足するようにするのもなかなか大変だ。

顧客である市民から
もうひとつの顧客である県担当に対する不満をぶつけられることがある。
行政への不満はよくある話だけれど
最近耳にする話はとても具体的で個人的に納得できるものも多い。
市職員から県への不満も聞くこともある。
強い不満をぶつけられて、おっとっと・・・。
NPO担当があれでは困る、NPO法をわかっていないのでは?
そこまで怒り心頭に突っ込んでくる。


お仕事もらっている私たちだけでなく
県の職員は横柄な人が多いし、いつも上から目線で
自己防衛ばかりに走っている。
出世したいんだろうなあ。
自分たちは公平な立場でという勝手な自意識過剰があるけれど
そんなにちゃんとしていると思えないし
感情的だしお里びいきでおかしいんじゃない?と思うことは多い。


怒った人は議員や県知事に訴えるという。
まあ、止めないけど。
ケンカしようかという人も
まあ、止めないけど。
腹が立つ人は治まるように解決したらいい。


評価・・・
時間外作業も多いのに何をこれ以上求めるの?と思う。
委託料に見合った仕事って?
デマンド多すぎるよなあって思う。
人の評価ばかりきびしいんだよね。


行政を変えるにはメディアがいいっていう人もいる。
なるほどね、NPO関係でもそんな事例があったばかりだった。
[PR]
by roman-tan | 2010-12-22 20:54 | NPO法人
なんか・・・
アカゲラの親戚みたいな言葉

セクハラって何?
個人的にはウダウダせずにこういう対処法でと思うけど
そんなわけにもいかず、当事者で色々困っている人も多い。
日本はセクハラに寛容な社会だと思うし
男女差で受け取り方もかなり異なる。

第3者としては
  事実確認(客観的事実・証拠)
      ↓
    改善命令
      ↓
   改善が認められなければ厳しい対処


で、淡々と処していけばいいと思うのだけれど
事実確認の段階で何でモタモタするのだろう。
周りが色々と感情移入しすぎ
事実に基づいて対処していけばと思う。

こんな言い訳も成り立たない。
「そんなつもりはなかった」
  ⇒相手が嫌がっている
    周囲が不愉快で証拠は充分
「好きだった」
  ⇒恋愛が下手すぎ(プロセスが間違ってる)
    個人的な問題で処理すべき
   
セクハラ・アカハラ・パワハラ・モラハラ
色んなハラスメントがある。
どんなんか考えているだけで頭が痛くなる。
定義もかなり主観的な側面も多いけど
理不尽であったり不快な対応を受けたら何らかのハラスメントなのかもしれない。
もちろんこちらに明らかな原因がある場合は除いて。

エジプト、セクハラ情報を提供 ウェブサイトに被害地図

職場のセクハラ経験率は日本6%、インドがワースト1位

スウェーデンは3%とかなり低い。
アメリカ人でスウェーデンに住んでた友人は
完璧にアメリカ人男性の性差意識とは異なっていた。
教育が徹底しているという気がした。


女性も試練を受けて
したたかに生き抜く術を身につけていくんだけど。
まあストーカーになると別次元の話になってくるかも。
[PR]
by roman-tan | 2010-12-15 21:10 | 発見

地産地消

こんな近くにこんなレストランがあったのかと思った。

f0077807_2357814.jpg


f0077807_2358880.jpg


地産地消の試食会ということで
新作ばかりだったみたい。

ちょっとなあっていうのもあったけど
お肉にお魚、どれも美味だった。

一番のお気に入りは
デザートの「イチゴのカクテル」

f0077807_23562114.jpg


ご馳走の季節がやってくる。
美味しいものは手間暇かけないとできないなあと
今夜はつくづく思った。
[PR]
by roman-tan | 2010-12-14 00:01 | 発見

ウサビッチ(usavich)

ウサビッチusavich、おもしろい。
コメディアニメというらしい。

舞台は1961年、ソビエト連邦時代のロシア
主人公は刑務所で服役中の二羽のウサギ


私は最近おしえてもらったばかりだけど
ちょっと前からあったんだ。
usavichの公式サイトもあった。


労働の時間

   


面会の時間

   
[PR]
by roman-tan | 2010-12-06 18:30 | 映画とか・・

wikileaks

wikileaksは見れなくなったのかな。
twitterがあった。
http://twitter.com/wikileaks

ウィキリークスが公開した日本関連公電

日本関連は
WikiLeaks Japan

賛否両論のwikileaks
尖閣諸島のビデオの件なんぞ吹っ飛んでしまった。


黄色のセンリョウ(千両)

f0077807_15464073.jpg


今日はお天気がよくて

f0077807_15454755.jpg


青空に黄色の銀杏がよく映えた。

f0077807_15461290.jpg

[PR]
by roman-tan | 2010-12-05 16:10 | 発見