アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

<   2011年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

プレゼン審査

私がプレゼンするわけでも審査するわけでもないのになぜか緊張気味。
色々話を聞いている件に関しては、クールな私も思い入れが出てきてしまう。
あの委員には理解できないだろうなあとか
知らないうちに企画の質より審査員の質を問うてしまう。

前回のモデル事業のプレゼン審査からの改善点は
  ①事前の仮審査を行っている点
  ②非公開の審査についても、後日ポイント程度報告予定という点

①に関しては、前回も申請書類を審査員に送付した。
プレゼン後に採点、審査票を記入したので集計にかなりの時間を要した。
今回も資料は送付するが採点は当日にするといわれた。
審査員に申請書類をしっかり目を通してもらうためにも
入力時間の短縮のためにも事前仮審査をやりたいとしつこくお願いした。
結局、やるならやっていいよということになり実行した。
うまくいくかな。

②モデル事業の採択について
「なんであの事業が選ばれたんだ?」という質問を受けることがある。
審査には関与していない立場としては
「公開資料をご覧ください」と説明する。
採択理由等を簡単に報告した方がいいのでは?と県に伝えてみると
全ての情報を公開しているからその必要はないという。
申請書類も申請結果の採点表もみればわかると。
理解できないのは、見る側の責任だと
伝えた私が責められているような雰囲気になってとても嫌な気分。
ところが今回、非公開部分の内容については簡単に報告しようとということになった。
え、もしかして聞いてくれたのかな?
まず否定しながら、そして考え直してくれたのかなと。

対等だから自由にやっていいよといいながら
向こうの方が全てにおいて力持ちなわけだから
太刀打ちできないことが多い。
そういう時はしつこくメールで伝えたり
何気なくつぶやいてみたり、別の方法を使ってみる。


何でも言ってみるもんだと思う。
聞いてくれていないみたいで、ホントは耳を傾けてくれているんだ。
でも私側の意見より、県の意見が優先なんだから
お伺いを立てた結果のことなんだろうな。
県庁の中よりも世の中の方が先を行っているのは事実だから。


今朝はいやに秋っぽい。
今日こそは落ち度なくできるかな。
[PR]
by roman-tan | 2011-08-29 06:50 | 新しい公共支援事業
7月15日から内閣府が実施していたアンケート結果が公表されていた。
新しい公共支援事業の実施プロセスに関するアンケート結果
全国から新しい公共支援事業実施に対する不満が続出
その結果からこんなアンケートを実施するという触れ込みだったので
いったいどんな結果がでるのか
他県での問題はどんなものがあるのか
とても興味があった。

で、回答はたった14件
たったそれだけ?
続出って、それほどでもなかった?

私たちの県でも出ている意見としては
① 委員選考過程がオープンになるとよい。
② 公募委員があってもよい(公募委員がいる都道府県が少ない)
③ NPOと行政との連携が困難
④ 募集から選定までの期間が短い
⑤ 予算額積算の単価の基準が欲しい
これらに対して全てがクリアになっているわけじゃない。

巷で受けた意見や不満をそのまま行政に伝えたら
「言われても困る、何もできない」といわれた。
私にできるものは自分で対応、解決しろと
できない場合は解決策を提示するよう言われている。
自由にやっていい、不適であればストップをかけると。
その時はけっこう強く諭されて、黙って聞いてるだけだったけど
「自由度」「権限」がどれだけ私に許されているのか。
正直、今だまだよくわからないところがある。
信用されているのか、面倒だから任せるよなのか
計り知れないところもある。
もしかして背負った荷物はかなり大きいのか。
もっと重厚感漂わせないといけないだろうか。

アンケート結果を見て思ったことは
私たちレベルで解決できることと
行政がすべきことの役割分担が意外と明確になっているということ。
「なるほど、そういうこといってたの」

私たちも1年契約事業だから来年はわからない。
刹那的に「今をこなす」みたいな感じでむしろ軽やか。
戦ってみたところで
制度上、不安定で危ういNPOの状況は変わらない。

まだまだ事業公募はこれからあるし
委員会も月1のペースでしばらくはある。
期間限定2年の5ヶ月目に突入している。
こんなお金の使われ方はもうないだろうと思う事業
期待が大きかったが故に生まれてしまった失望感をなだめつつ
希望は失わず鼓舞して楽しくやろうって決めている。
評価はもうしばらく努力と経過を見てからにする。


f0077807_064280.jpg

[PR]
by roman-tan | 2011-08-18 00:14 | 新しい公共支援事業

お盆の花

今日は36.7℃だとさ。
うだるような暑さは全てを非効率にする。
この熱エネルギーを何かに使えぬかと思う。

放置状態になりつつある個人ブログ
ツールが色々あるので優先順位がどうしても低くなってしまう。

ustreamとtwitterの組み合わせが「情報の見える化」だと評価された。
世の中そんなことちっとも珍しくもないから
最初、「何をおっしゃるうさぎさん?」というくらい
何のことなのかわからなかった。
立場上、twitterは最初から品行方正にやっていたつもり。
それでも上の方はブツブツいってたというのは何となく耳に入っていた。
知らん顔していたけど、ほんの数か月前には面と向かって
「twitterは信じない!」と言われたんだよね。
個人的なご意見として聞き流したけど
「時代錯誤のこまったさん!」と思っていた。
外から認められたら、もう何も言わないだろうか。

「情報の可視化になぜソーシャルメディアが必要か」を書いていて
文章にするとこうなるんだと、改めて納得した。
考えなしでやっていたことをちょっと反省しながら
これって私が書くのかなあと思いつつまとめる機会になった。
ustreamによる映像・音、twitterやブログによる文章拡散・配信
facdebook等で生まれるの双方向的コミュニケーション
私の専門じゃないのに。


この暑いお盆に咲いている花たち


トウガラシの花

f0077807_20342185.jpg


オシロイバナ

f0077807_20344087.jpg


ホオズキ

f0077807_20352318.jpg


アサガオ

f0077807_20354811.jpg


・・・・・

f0077807_20361294.jpg

[PR]
by roman-tan | 2011-08-16 21:23 | 庭の植物

委託事業

委託事業って難しい。
企画からの事業を受託するのと
出来上がった事業で、ある程度やるべきことが決まっている事業の受託はやっぱ違う。

自分で企画したものならある程度絵ができている。
デザインに沿って工夫しながら進めていくことも可能になる。
ところが作業的部分が主流の委託事業においては
それ程自由度もないように思うし
失敗なく淡々と処していくことを優先しようと考える。

「委託事業だから、来年はもっと細かく管理することになる」なんて言われていたら
誰だって色々確認しちゃうと思うけど。
冷たい声が今でも耳に残っている。
恐かった。

今年になって自由にやってということは
おそらく、忙しいからできることは勝手に処理していいよということ。
信頼してくれてる?ってことでもあるか。
でも色々相談したい気分もあるのにな。
新しくて大きな事業に対する不安がきっとみんなあって
みんなゆらゆらって感じかな。
成果物もあるようでまだ不明確だし
それぞれ頑張って一緒に築いていくしかないんだよなあ。

とにかくやるだけしかないか。
スピード感も担当の人も楽しそうだし
みんな一所懸命だと思う、私も含めて。
だからどの人も愛おしいって気分かな。
そう思う不思議な委託事業。
[PR]
by roman-tan | 2011-08-02 22:29 | 新しい公共支援事業

8月

昼間からずっと花火がなっている。
8月1日は古くて小さな神社のお祭りらしい。

f0077807_17474233.jpg


可愛い花だけど名前がわからない。

f0077807_1748174.jpg


あ~、どこかへ行きたい。
[PR]
by roman-tan | 2011-08-01 18:39 | 庭の植物