アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

<   2012年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

山桜

花吹雪
山桜が満開の頃

f0077807_19341756.jpg


明日は近所のお祭り

f0077807_19332035.jpg


ひなたぼっこでボーッとしていたい春の日
[PR]
by roman-tan | 2012-04-15 19:39 | 庭の植物

グミの花

春は下向きの花が多い気がする。

グミの花も・・・


f0077807_19281188.jpg

[PR]
by roman-tan | 2012-04-15 19:29 | 庭の植物

柳の花

これも花
不思議な花

f0077807_19172111.jpg

[PR]
by roman-tan | 2012-04-15 19:26 | 庭の植物

委託事業と補助事業

f0077807_5275079.jpg


世の中不景気なんだとつくづく思う。
企業が新しい公共支援事業にも集まる。
これも新しい公共なんだと思うけど
本来NPO等とかの体力付けが目的だろうに
それをネタに企業が儲けてるって感じ。
だんだん何のため、誰のための事業かわからなくなる。


新しい公共支援事業の中の
委託事業と補助事業の2種類
委託の方が行政関与が強いというけど
補助事業も行政とセットだから、それほど大きな違いはあるのかな。

NPO法も改正されが、準備が追いつかない。
シーズが中心となって改正され、NPO側からの政策提言ということで
喜ばしいことには違いないが
認証や認定するのは行政仕事
浸透、準備ができぬうちに施行された。
本来の利用者である現場のNPOにとってはチンプンカンプン。
やりながら考えればいいっか。

新しい公共支援事業や法改正
大きな変化だとは思うけど
もう少しゆとりがほしい。
ブームは嵐のようにやってきて去っていく気がする。
[PR]
by roman-tan | 2012-04-11 06:01 | 新しい公共支援事業

山吹

世の中、桜一色
山吹も満開

f0077807_19545548.jpg


山吹といえば「道灌の山吹伝説


七重八重花は咲けども山吹の(実)みのひとつだになきぞかなしき
         後拾遺集、醍醐天皇の皇子・中務卿兼明親王

雨の日、蓑を借りたいという申し出に、貧しい農家の娘が蓑がありませんという代わりに山吹を差しだした。それは山吹は実を結ばないということと、蓑がないことを掛けたといわれる。兼明親王の歌にこのような歌がある、蓑がないことを申し訳なく思い、その歌を知っていた娘は山吹を差しだしたのではなかろうか。実は兼明親王は、客人が帰るとき貸す蓑がなくて山吹を渡したことがあり、それを歌に詠んだ。道灌はその歌を貧しい農家の娘が知っていたことに驚くとともに自分の無知を恥じ、以後歌の道に励んだということ。


これからまだまだ花暦
[PR]
by roman-tan | 2012-04-08 20:28 | 庭の植物

源平枝垂桃

まだ満開じゃないけど・・・
今日はとても春風が強くて、枝が折れないか心配。

f0077807_13121628.jpg


f0077807_13115022.jpg


f0077807_13163944.jpg


たまたま安倍川の松並木の話。
地元で切るだ、切らないだ・・・と、すったもんだと。
静岡市の緑を守る会が待ったをかけたそうだ。
私もシンポに参加したことがあるけど、政治家絡みの活動団体。
活動自体はとても面白いと思った。
結局、河川敷を管理する国交省の管理が悪かったらしい。

行政って、市民への説明責任なんかどうでもよく
上司への言い訳に大変な努力をする。
何でもその場しのぎで行き当たりばったり対応していくから
長期的にモノを考えないから
どうせすぐ異動するからという無責任さで・・・こんな結果になる。
何でもどこでもおんなじさ。

松並木のローカルな話が全国的に取り上げられてビックリ。
[PR]
by roman-tan | 2012-04-01 13:52 | 庭の植物