アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

タグ:ベトナム ( 6 ) タグの人気記事

面白い記事
なぜ崩れた 「オール日本」 のODA橋 (JanJan 2007/11/18 )
今年9月末、ベトナムで日本のODA(政府開発援助)によって建設中の橋が崩落し、ベトナム人54人が死亡、80人が負傷する「ベトナム橋梁史上最悪」といわれる事故が起きた。崩落した橋の名はカントー橋(クーロン橋)。ベトナム側は日本の共同事業体の「安全性軽視」設計に強い疑惑を持っている模様だ。このプロジェクトは、もともとは1997年に始まるアジア通貨危機救済の政府援助として、東南アジア各国に提供された21件の特別円借款事業の1つだった。01年3月末に国際協力銀行(旧海外経済協力基金と旧日本輸出入銀行の統合による新銀行)とベトナム政府との間で248億4,700万円の借款契約が成立した。10年据え置き後の40年償還、金利0.95%という借り方に絶対有利な条件に対し、事業に参加できるのは日本企業に限るという「日本独占」(タイド)事業でもあった。TKN共同事業体とコンサルタント会社(日本工営、長大)は、当面の補償金として90億ドン(6,300万円)を被災者救済や孤児の養育費などとして支払う。一方、コンサル企業を監督する立場の経産省は先月15日付で「ODA事業にかかる保安体制の強化について」という通達を海外コンサルティング企業協会に出した。
カントーには去年の夏滞在したので、この事故は気になっていた。
記事には詳しい様子や、地元ベトナムの新聞ともリンクしている。
日本側の安全性軽視が指摘されているわけで、真相はちゃんと究明してほしい。
日本の橋を作る技術は一流のはずであり、こんなことでケチガつくのは情けない。

この記事の中にでてくる「(社団法人)海外コンサルティング企業協会
援助関係では、ECFA(エクファ)といって有名な機関だ。
知り合いもいたし、かつては霞ヶ関ビル内にあった協会での会議にでかけたこともある。
ものすごい頭脳集団であり、若い頃にとても尊敬していた人もここで働いていた。
ECFAの優秀な女性職員も一緒に、ネパール調査にいったこともある。
若い私には学ぶことばかりで、とても刺激的だった。
唯一私が彼女に誇れたのは、いくら山を歩いても疲れない足しかなかったけど・・・
(私が一番若かったせいもあるけれど)

ただ当時から、なんでここが社団法人なんだろうと、思ってた。
このタイプの法人(事業集団)はいくらでもあるのに、なぜそう感じたのか。
霞ヶ関という場所がら、ODAがらみで儲けるコンサル集団というイメージがぬけなかった。

公益法人制度改革に際し、こういう同業者の社団法人(いっぱいあるけど)
その公益性は認められるのだろうか。
ECFAは1964年4月4日、通商産業省(現経済産業省)および建設省(現国土交通省)の認可により設立された、非営利の公益法人です。
とあるけど
会長 日本工営公営(株) 代表取締役社長
副会長 システム科学コンサルタンツ(株) 代表取締役社長
副会長 八千代エンジニヤリング(株) 代表取締役社長
となると、ゼネコンて感じだもんね。

どういう判断がされるのだろうか、興味がある。
[PR]
by roman-tan | 2007-11-20 20:04 | NPO法人

橋崩落

<ベトナム>橋崩落、死亡30人以上…日本のODAで建設中
【アジア総局】ベトナム南部カントー市で26日午前8時(日本時間同10時)ごろ、日本の政府開発援助(ODA)で建設中の「カントー橋」が崩落した。工事を請け負っている大成建設(東京都新宿区)は、ベトナム人作業員ら30人以上が下敷きになるなどして死亡、約60人が負傷したことを確認した。ロイター通信は死者約60人、負傷者約150人と報じた。約100人が行方不明との情報もある。カントー橋はメコンデルタのハウ川に架かる全長2.75キロの斜張橋。ベトナムを縦断する国道1号のバイパス道路の一部として、陸路による物流促進と経済発展への寄与が期待されていた。248億円の円借款で04年11月に着工し、08年10月に完成する予定だった。工事は大成建設と鹿島、新日鉄エンジニアリングの共同企業体、施工監理は日本工営などがそれぞれ受注。工事には常時、現地労働者800~900人が従事していた。2基の主塔からケーブルで橋げたをつり上げる構造のカントー橋は主塔の間隔が550メートルあり、このタイプの橋としては世界最大級という。

f0077807_2253329.jpg
カフェオレ色のメコン川は、とてつもなく大きい。
橋があったかな、思い出せない。
大きなフェリーが引っ切りなしに、渡河のために行き交う。
カントーまでもフェリーだった。
橋があったら便利だろうなあと思ったが、むずかしそう・・・

橋作りには定評のある日本企業でも難しかったのだろうか。
[PR]
by roman-tan | 2007-09-26 22:03 | Vietnam

ゴーヤの種

昨年のこぼれ種から自然に育ったものも含めてゴーヤがいっぱい。
知り合いに食べていただいているけれど、それでも食べきれないゴーヤから種が・・・・
f0077807_21175145.jpg

ゴーヤの実は、緑から鮮やかなオレンジ色に変わり
そのうち実の下が割れて、赤い種がこぼれて、来年また発芽する・・・

この赤い種はまさに南国の色、青い空によく似合う。
沖縄のゴーヤチャンプル、ベトナムにはゴーヤ茶が店頭によく並んでいた。
[PR]
by roman-tan | 2007-08-22 21:26 | 庭の植物

フォー(Pho)

f0077807_15131218.jpg

         先日、ベトナム・レストランで食べたチキン・フォー

私の住んでいる近辺では、フォーのあるお店がないので
出かけたついでのお店で・・・・
日本人に合わせて、ちょっと繊細に
グリーン・カレー・フォーは・・・
タイ料理とのコラボレーションだろうか。
悪くないけど、グリーン・カレーにはご飯がいいな。

f0077807_1514283.jpg

         去年、ハノイのフォー24で食べたチキン・フォー

フォー24は、今年3月東京ミッドタウンにも支店ができた。
ベトナムのホーチミンで、一番おいしいフォーを出してくれる。
ちょっとおしゃれな若者と、観光客に大人気(得にホーチミン)
「フォー24」の創設者、豪大学の名誉教授に 2007/4/2 ベトナム国営通信
いまやベトナム国内のみならず、インドネシア、フィリピンにも支店を持つフォーの有名チェーン店「フォー24」を展開するナムアン・グループの社長で、創設者のリー・クイ・チュン氏(40歳)が3月26日、オーストラリアのグリフィス大学から名誉教授の称号を授与された。ベトナムのレストラン、観光業界への貢献とともに、リー氏が同大学で行っているサービス・観光分野の講義、研究の傑出した成果が認められたもの。 これまでに同大学から名誉教授の称号を授与された外国人の中で、リー氏は最年少。またベトナム人としては初となる。

f0077807_153247.jpg

          去年、メコンデルタの街カントーで食べたチキン・ラーメン(?)

もの凄い大きさのチキンが、ドーン!
でも、スープはベトナム中で一番おいしかった。
地元の人しか行かない店なので、店の人はベトナム語しか話さない。
指差しながら、大変だった。


ベトナム情報
ホーチミン:空芯菜栽培地域115ヘクタールが汚染 2007/7/27 Nguoi Lao Dong紙
ホーチミン市には現在、空芯菜を水生栽培している地域が500ヘクタール以上あるが、そのうち115ヘクタールは農薬などで汚染されていることが分かった。170ヘクタールは安全性が確認され、230ヘクタールは安全に生産する条件を備えているが、20ヘクタールはさらに調査が必要だという。 ホーチミン市植物保護支局によると、同市の空芯菜水生栽培地域は北部や中部から移住した農民が、1ヘクタールあたり年間2000万~3000万ドン(約15万~23万円)で土地を借りている場合が多い。そのためできるだけ生産コストを下げようと、禁止されている農薬やまだ分解がすすんでいない有機肥料などを使用しており、その結果として栽培地域の汚染が進むという。 同支局はこうした状況を改善するため、汚染地域における空芯菜の水生栽培禁止措置や生産者への補助政策について、市が早急に検討するよう要請した
ベトナムからも多くの農産物・水産物が日本に輸入されているから
中国のみならず、外からの食べ物は要チェックだ。
発展途上国には、先進国で禁止されたり使われない農薬や肥料が使われることもある。
それは、単に輸出されてしまったり、援助という形で流れて行く場合もある。
直ぐに悪影響はなくとも、体に蓄積されると恐い。
[PR]
by roman-tan | 2007-08-05 15:51 | Vietnam

浜田知明

浜田知明(はまだちめい)という版画家を知ったのは、つい最近のこと。
f0077807_21115491.jpg

開高健の闇シリーズ、「夏の闇」「輝ける闇」をもう一度読み直そうとして
印象深い表紙の版画の作者が、浜田知明だと知った。
1917年熊本生まれ。39年東京美術学校油画科卒業。56年第2回現代日本美術展佳作受賞、第4回ルガノ国際版画展次賞受賞。62年第2回福島賞受賞。64年渡欧。65年帰国。フィレンツェ美術アカデミー版画部名誉会員となる。79年渡欧。89年フランス政府よりレジョン・ドヌール勲章シュヴァリエ賞受賞。93年大英博物館日本ギャラリーにて作品展示。その他NHK「版画家浜田知明」はじTV放映数回。個展多数回開催。
浜田は「冷たく、暗い、金属的な感じ」を求めた結果、技法的には一貫してエッチング(腐食銅版画)を主体に作成し、アクアチント(松やにを防蝕剤に使った銅版画の一種)を併用することもある。核戦争のような人間社会の不条理や人間心理の暗部といった深刻なテーマを、ブラックユーモアにくるんで表現している。浜田は発表する作品を厳しく選別しており、発表する作品は平均して年間数点に過ぎない。また、初期の作品は大部分が本人によって破棄されたといわれている。1983年(昭和58年)からはブロンズ彫刻にも取り組み、新境地を見せている。『ウィキペディア(Wikipedia)』
重いベトナム戦争をテーマにした
「夏の闇」「輝ける闇」、未完の「花終る闇」
昔読んで、いっぺんに開高健が好きになったシリーズだった。
内容もさることながら、言葉・文章に感動して
もう一度読んでみようと思って積んである。
読む時間がなくて、全然進まないけれど・・・

「開高健記念アジア作家講演会シリーズ」
開高健の遺族より、1990年より毎年アジアの作家を招待し開催している講演会
友人のネパール詩人バニラ・ギリもかつて招待された。
彼女に会いに東京会場に出かけると
そこには現代詩人と呼ばれる有名な方々が多くいらして、気後れた。
結局、私は彼女のホテルの部屋で話すことになった。
私のブログ「アビシュカール」は、彼女の詩集の題名でもある。
まだ翻訳が途中で申し訳ないのだけれど・・・

その時、彼女は日本語は読めないからと、「開高健」の特集『太陽』が私の手元に。
当時お元気だった開高健の妻牧羊子も、2000年に亡くなった。

浜田知明、開高健、バニラ・ギリ
好きになるには、やっぱり共通点があるみたい。
[PR]
by roman-tan | 2007-07-23 21:50 | 映画とか・・

ベトナムの女性

背筋をまっすぐ、アオザイのベトナム女性は美しい。
美女の多い所は、美男も多いはずだが
女性にばかり目がいってしまう。

ベトナム女性は働き者だ。
日本よりも性差を感じさせず、至る所で活躍している。
銀行でも、窓口だけでなく女性のボスが指示を出していた。
水上マーケットでも、船を漕いで物を売り歩く。
自由で開けた雰囲気が漂う。
フランス領だった影響か、フランス語を流暢に話す人も多い。
町には、幼稚園のような立派な施設を目にする。
朝早くから開いていて、働く環境も整っているのだろうか。

f0077807_2075517.jpg

シンプルな装いだが、色と布を着るアオザイ
とうとう、オーダーメードで作ってしまった♪
伝統的なデザインで、藍色の上着に白のパンツ
とても素敵なんだけど、、、困った!
日本で、どこに着ていこう?
[PR]
by roman-tan | 2006-08-09 08:11 | Vietnam