アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

タグ:全国育樹祭 ( 1 ) タグの人気記事

全国植樹祭と全国育樹祭

全国植樹祭全国育樹祭の区別、知らなかった!
全国植樹祭は、過度の森林伐採により戦後荒廃した国土の復興をめざし1950年に山梨県で開催後毎年春に全国各地で開催。天皇・皇后による「お手植え・お手まき」行事、県内外の参加者による記念植樹、国土緑化運動ポスターコンクール等の表彰行事、大会宣言が行われるのが恒例。主催者は、国土緑化推進機構と開催都道府県。
全国育樹祭は、1977年以来、全国各地からの参加を得て、皇太子同妃両殿下によるお手入れ(全国植樹祭において天皇皇后両陛下のお手植え・お手播きにより成長した木の枝打ち等)や参加者による育樹活動等を通じ、国民の森林に対する愛情を培うことを目的に毎年秋開催。主催者は国土緑化推進機構と開催都道府県。
主催者である林野庁所管の社団法人国土緑化推進機構
緑の募金はじめ緑化キャンペーンを担っている社団法人で
役員報酬規定によると
専務理事の年収は1400万円、常務理事の年収は1200万円
林野庁の天下り団体であるのは周知の事実。

森林の大切さを啓発する植樹祭とか育樹祭らしいけど
植樹祭の跡地へ行ってみて、本当に必要なんだろうかと思った。
天皇の行幸路にふさわしく、山林を切り開いて造られたすばらしい道路は
いつ行ってもそれ程車の通りは激しくない。
公園のトイレも周りに不釣合いなほどに立派だ。
フェンスで囲われた健やかな樹木と、周りの山の荒廃度が対照的だ。
イベントのために費やされた費用はいかほどで
それに見合った効果が出ているのだろうか。

その植樹祭跡地で、今年育樹祭が開催されるという。
ブラックジョークかと思った。
不思議なイベントだと思う。
[PR]
by roman-tan | 2010-03-10 20:59 | 森林