アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

タグ:公の施設 ( 8 ) タグの人気記事

構想日本

いい機会なので色んな角度から
全く興味のなかったレビューを捉えてみたい。

こんなブログがあった。
(※この記事とてもよくまとめられていると思うんだけど・・・)

数年前から問題提起されていた。
税金を投入する意味があるのか疑問
なのに毎年やってる静岡県も滑稽
批判は受けるらしいが
知事の肝いり事業なので
名前を変えていつも登場するそうだ。
2回くらい変わったそうだ。

一社)構想日本
この前の落選議員の対談は
近ければ行ってみたいと思った。
団体としてファシリを請け負うなら
結果ありきの
フェアでないコーディネートはおかしい。
委託者の依頼なら仕方ないとするなら
政策提言するシンクタンクにはなれない。

レビューの前に
ヒヤリングを受けた。
その時の会話から
着地点は最初から決まっていた。

この団体、寄付収入がかなりの財源だそうだ。
一般社団法人の非営利型なので
会計書類も公開されていない。
やったやったはあるけど
みたい書類が公開されていない。
果たしてどうなんだ?

政策提言シンクタンクといっても
民主党時代の話であり
静岡県のように首長が民進党系の自治体だけ顧客だろう。
HPをみても政治活動は止まってる。

時間が経ち
色々情報外部集まってくる。






[PR]
by roman-tan | 2016-09-17 04:33 | NPO法人
事業レビューの母体とも言える
静岡県行政推進委員会
https://www.pref.shizuoka.jp/soumu/so-030a/gyoukakukaigi28.html
今年度の経緯を知りたいと思って
HPを調べた。
会議資料は公開され
会議の様子は毎回ネット配信したらしいが
議事録がアップされていないので
レビュー対象決定のプロセスが全くわからない。
突然、2回目位で
資料の中に対象事業が登場していた。
動画を見ろってことだろうけど
時間がないよ。
議事録を作るべきでしょ。
結局、誰かの意図を会議できめたことにして
公開レビューして
公明正大に県民が決めたんですって。
議会では行政改革はできないのか。
選挙で選ばれた議員は何してる?

この会議、平成23年から始まっているが
6年間ずっと委員の人が何人かいる。
委員規定、任期等に関しても
何の根拠も見当たらない。
多分、県民にとって大切な会議なんだろうに
手軽に決めているんだろうな感が強い。
6年分の名簿は公開されているので
後でアップしよう。
6年分並べてみると面白い。

レビューで自称中間支援NPOという方も
6年間委員でいらっしゃる。
なにゆえそんなに力があるんだ?
あのNPOって、中間支援だったんだって
今回のレビューで初めて知った。
多分、NPOセンターの存在以上に知られていない事実だ。

事業レビューの明確な予算がわからない。
構想日本にいくらで請け負ってもらっているのか?
当然それ以外の経費もあるはず。
8年にどれだけの予算を費やして
どれだけの成果があったのか知りたい。

民進党の党首が決まった。
あれだけの期待を裏切った民主党の負の遺産
まだやってんだという感じ。
ここで切られても
別の名前ででてくる事業もある。
あとは庁内、議員の力関係できまるらしい。

情報公開請求は時間がかかるんだよね。
一度、納得できない委託事業の報告書を
情報公開請求してみたら
黒い塗りつぶしが多くて驚いた。
しょうもない事業報告書の内容に
もっと驚いたけど。





[PR]
by roman-tan | 2016-09-16 01:49 | NPO法人

レビューの続き

結果が新聞に載ったおかげで
レビューがあったことも知らなかった人まで
関心が広がった。
これはとてもいいことに違いない。


そこで驚いたのは
壇上で論じた人たちは県民の代表で
立派な人だと思われているということ。
その方たちが言うんだからそうなんだろう
ということになるらしい。
「県内のそうそうたるメンバーなんでしょ」と。え〜?

話し合うべきテーマは
もっと立派な関係者たちが話し合いを開いている。
こんな壇上で
上から目線で論ずることじゃないでしよ。

たまたま友人から教えてもらった
3年前の仕分け動画にも
今回と同じ人が登場していてビックリした。
同じような人ばかりが県民の代表なのか?
当時のものはとてもひどいものだった。
中立であるべきコーディネーターが
最初から攻めにまわって
筋書き通りの着地点を目指している。
結局、県民ではなくて
力のある誰かの意図、声

納得できない点は明確にしたい。
















[PR]
by roman-tan | 2016-09-13 22:52 | NPO法人
ずっと前から疑問だったこと。
利用者からみれば同じ業務であったとしても
運営管理者が指定管理者と委託事業者の受託者ではどう違うのか?

幸い、それぞれの立場を経験することができた。
まだ日も浅いけど、その違いとやらを感じかつ認識する場面に出くわす。
施設利用者にとってはそんなことはどうでもいいことであり
大した違いもない。
公の施設は自分たちが使い易ければいいだけのこと。

f0077807_18552975.jpg


一番大きな点は
指定管理者関しては議会が絡んでいるということ、条例があるということだ。
一般市民に選ばれた議員が指定管理者を議会でちゃんと認めたということ。
与えられた権利が明確であるということだ。
ここがかなり大きいのかなと最近よく思う。
それ故に、指定管理者の方が受託者よりも強い立場にいる。
行政のとの力関係が違うのだと感じる。

フツーの委託事業は以前も関わったことがあるけど
お客さま(委託者)あってのお仕事であり
NPOだと、市民目線だからという意見を特権的に言える場合もあるけど
民間で委託事業を受けたら、それこそ何でも行政のお気ん召すままらしい。

事業内容は異なるけれど
これに近いものもある。
私の中に委託事業と指定管理者との区別が明確化しているからかもしれなけど
はあ?と疑いたくなるような場面、意外とある。
委託事業だから仕方ないか、と思うと納得できる。
市民目線、そんなもんいらん的な発想も伝わってくるような・・・。

f0077807_18565779.jpg


まだまだウォッチングは続いて、なかなか興味深くて面白い。
「指定管理者と受託者の権限の相違と行政の関係」
数ヵ月後には案外まとまったものになるかもしれない。
[PR]
by roman-tan | 2010-06-14 18:57 | 指定管理者制度
第三評価制度、すでに実施している自治体もあるようだ。
指定管理者数の数も桁違いだけど、意識だけは導入してほしい。
横浜市では、平成18年度から公の施設のより良い施設運営と市民サービスの向上を図るために、民間評価機関を活用した第三者評価制度を導入している(5月23日発表)。評価する民間機関は、横浜市が認定した監査法人、シンクタンク、NPO法人など19団体で、評価機関の認定を受けなくてはいけない。今回の評価対象は、おもに平成17年度までに指定管理者による管理運営を開始した地区センター、地域ケアプラザ、福祉保健活動拠点などの37施設。評価は市との協定を基準として、施設管理・サービス・地域連携・経理などの視点から110のチェック項目が設定された。結果は70%以上の27施設が良好に管理運営されていた。横浜市では、現在889の施設に指定管理者制度を導入しており、平成19年度には100施設以上の評価を予定している。
平成19年度評価対象施設(292施設)
それぞれの施設ごとに指定管理者が選定されているようだ。
一つの財団が、ほとんどの施設を管理する私の市とは異なる。
また、公民館は地域に任せているようだ。

指定管理者に関しては数も多いせいか、情報がわかりやすい。
指定管理者評価制度委員会
指定管理者制度とは
指定管理者制度Q&A

また、審議会等の議事録もネット上で公開されている。
これは導入してほしいと思う。

マスコミで取り上げられてた中田宏市長の手腕? 
都会は進んでるなあ~

f0077807_15383665.jpg

初めて咲いて、初めて見たハエトリグサ
[PR]
by roman-tan | 2007-06-08 15:42 | 指定管理者制度

公の施設

公の施設とは
住民の福祉を増進する目的をもつてその利用に供するための施設』で
地方自治法で規定されている。

県と県の市民活動支援センター指定管理者との協定書・仕様書(今後3年間の)
市と市の市民活動センター指定管理仕様書(公募の時のだけど)と読み比べてみる。

市民であり県民である私にとっては、どちらも公の施設であり自由に使えるはずだ。
どちらも同じような目的を持つ施設であるが、利用状況は全く異なる。
県のセンターは、いつも人で賑わっている。
予約の必要な部屋はかなり先までいっぱいだし
予約の不要なスペースでも、和やかな人の輪がいくつも作られている。
唯一の共通点は、両者とも駐車場がない。
県の方は料金も割高だが、駐車場に対する苦情は聞いたことがない。

市の施設は(私自身は利用しないが)、利用しにくいという声を多く耳にするので
それらを伝えると、センターの趣旨が違うとか
言っている人を連れてくるようにとか、直接言うべきだとか
単なる文句だと受け止めるのか、ヒステリックな対応が恐ろしい。
なるべく近寄りたくないと思うし、人にもすすめられない。
市民活動センターは市の公の施設であり、市民の声は利用者の声
市民の満足度を高めることが、第一の目的のはずである。
色々心配している人も多いのに、それらに素直に耳を傾けない姿勢
それなら手を挙げなければよかったのに・・・

この両者の違いは、仕様書にあるのだろうかと読み比べてみる。
事務的なことについては、何の違いも見当たらない。
県の文書で、興味を引いたフレーズを抜粋すると
誠実にその業務を実施し、常に公共性の保持に努めるとともに、善良な管理者の注意をもって管理するものとする。
●管理業務の実施に当たっては、県民の平等な使用を確保するとともに、利用者の意思をプラザの管理面に十分反映することにより、サービスの向上に努めるものとする。
●管理業務の実施に当たり、プラザの利用者や有識者等の意見聴取を行い、管理業務の改善に努めるものとする。
●身体障害者及び介助者への駐車料金の補助
誠実に」や「善良な」という表現が含まれているのが目についた。
また、公共サービス提供の場という認識が、市のものよりは強く感じられた。

公の施設指定管理者制度
今後も私たちの周りにはいっぱいになりそうだ。
[PR]
by roman-tan | 2007-06-07 18:06 | 指定管理者制度

公民館

「市内には、会議をする場がなくて困っている人がたくさんいる」という市議の発言に対し
「そんなことないよね。公民館いっぱいあるし、実情をしらないよね」と
昨日話題に上がったばかりのところに聞いた話。ビックリ!

NPO法人の会議に、公民館は使えないらしい(直接市には問い合わせてないけれど)?
昨年まで、NPO主催のワークショップなどに公民館を利用した。
地域の任意団体ともいえない集まりにも、公民館を毎月利用している。
万が一、この団体がNPOになったとしても(ありえないけど)活動内容は変わらない。
そうであっても、公民館を利用できなくなるのだろうか(地域ベースの活動なのに)。
不満足度のかなり高い職員もいたけれど(もちろん、いい人もいた)
数豊かな公民館(24)は、身近な有益な公共施設だと思っている(無料だし)。

市のHPで調べてみると
公民館は住みよい社会と豊かな生活づくりのために地域の諸団体が活動する場であり、市民の皆さんの学習の場である身近な社会教育施設です。市の社会教育関係団体や市内在住・在勤・在学の方などが中心となって組織された団体・グループが行事や集会、学習会などを行う場合に利用できます。次に掲げる場合には、公民館を利用できません。
●営利を目的とする事業その他これに類する場合
●特定の政党の利害に関する事業や、選挙に関して特定の候補者を支持すると考えられる場合
●特定の宗教を支持し、又は特定の教派・宗派や教団を支持すると考えられる場合
●その他管理上支障があると認める場合
利用規制が強すぎるという声も、確かに耳にすることはある。
NPO法人は非営利だよ。
市内には35NPO法人(現在)しかないし、会議の数もたかが知れてるよ。
ヒマそうな公民館も、けっこうあるみたいだけど・・・

他に会議に利用できそうな施設を見てみると
ラ・ホール○○とは、勤労者の雇用と福祉の向上を図るために、市と雇用・能力開発機構が建設した公共施設です。 勤労意欲向上のために、会議・研修会・発表会・パーティー・懇親会・趣味教養活動・体力維持増進活動・レクリエーション等多目的に利用していただけます。
でも、ここは私の所から遠いし有料だから使わない。
フィランセは「保健」「福祉」「男女共同参画」「消費」「ボランティア」など、市民の皆様の生活に関わりの深い様々な機能を持った複合施設です。
ここはもっと遠いし、第一こんな高尚なことはしていない。
市民活動センターは
会議室は登録が必要、交流サロンは登録なしで利用可、飲食もOK
無料でいいけど、ここまで行くほどのことはない。
まあ、地区の公会堂という手もあるか。
ひざ突き合わせての井戸端会議は、お店しかないのだろうか。
箱物いっぱいあるのにね。


f0077807_1736112.jpg


        このところの暑さで、朝顔が先を急いで咲いてしまった。
       まだ、丈が伸びてきっていないのに・・・・

[PR]
by roman-tan | 2007-05-28 17:42 | NPO法人
指定管理者制度について、あれこれ意見をした館長が解任されたという記事

北九州市:小倉城・おひざ元の乱 突然「庭園」館長を解任 指定管理者制度を巡り対立
(毎日新聞 2007年4月29日 西部朝刊)
江戸時代の大名屋敷を再現した北九州市小倉北区の市立小倉城庭園で、98年の開園時から館長を務めていた山本紀一氏(65)が3月末、市から突然「解任」されていたことが分かった。施設の指定管理者を巡り苦言を呈したことが背景にあるとみられる。事情を知った北橋健治市長が山本氏に謝罪したが、復職を求める署名活動が始まるなど小倉城のおひざ元は揺れている。【千代崎聖史】
04年の指定管理者制度導入で、身分は館長から「市参与」に変わったが、当時の市総務観光部長からは「役割は変わらない。対外的には館長を名乗っていい」と説明を受けたという。施設の指定管理者は地場の百貨店・井筒屋から昨年4月、北九州まちづくり応援団株式会社(小倉北区)に移行している。山本氏が「解任」を言い渡されたのは3月30日。市の末松茂・総務観光部長と宇佐美健次・観光課長が庭園を訪れ「(委嘱期間1年の)任期満了なので来年度は更新しない」と通告し「指定管理者についていろいろ言い過ぎる」などと理由を話したという。指定管理者制度を巡っては「文化施設の管理などにはなじまない」というのが山本氏の持論。2月に市に提出した文書では、制度導入後に事務長が4人も変わった点などを挙げ「業務に支障が出てノウハウ蓄積もできない」と指摘。市に改善指導と正式な館長職復活を求めていた
行き過ぎたコスト削減が「管理運営の質を落とす」と指摘したにすぎない。
役所は批判されるのは嫌いだろうけど
こんな形の報復をしたら、恥をかくのは自分たちなのに。

こういうトンデモナイことがどんどんあって、みんなの物笑いになり
行政(だけじゃないけど)の作った馬鹿げたシステムは、改善されていくべきだと思う。
組織の中での不正や不祥事をナイナイにしたり、見てみぬ振りをしていると
水はどんどん澱んでいく。


f0077807_23192831.jpg



最近のタンポポの綿毛
やたらに長い!
30センチくらいもある。
まるで、綿毛林のようになっている。

[PR]
by roman-tan | 2007-05-10 23:26 | 指定管理者制度