アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

タグ:多文化共生 ( 2 ) タグの人気記事

移民問題

昨今流行りの「多文化共生社会論」がどうもしっくりこない。
なんかこう上滑りな感じの扱いが嘘っぽくて・・・。
「移民問題」をしっかり捉えていないからだと再認識した。
人間みな平等の人権主義にも納得できるけど
それでは根本的な部分で説得力がない。
だからといって、多文化共生と移民問題をダブらせてみても
日本では移民問題を真剣に取り組んでいないので奇妙な組み合わせになる。
それに南米ブラジル人問題に偏りすぎでもある。

日本も「移民問題」を真剣に考えよう
民主党のマニフェストに入っていた「永住外国人の地方参政権問題」
これは真剣に取り組まれているが、移民制度は入っていない。

移民と移民問題特集ペイジ
ひと言でわかりやすい世界の移民問題(以下引用)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アメリカ: 仕事を奪うだけの低レベル移民に反対の声高まる、潮目来るか?
カナダ : 中国移民がやりたい放題で都市の治安風紀が激悪化、移民規制の声強まる
フランス: 失業問題や移民の暴動多発で国民は移民規制強化を要求
ドイツ : 移民がコロニー化&やりたい放題でコントロール不能に、移民規制へ
イタリア: 中国人等の移民のコロニー化が社会問題化、規制の機運高まる
スペイン: アフリカ系・中国系移民の急増&失業問題で移民規制へ
ロシア : 東欧・中国からの違法移民問題続発などもあり、規制続く
キルギスタン: 中国人移民急増、雇用や産業の軋轢と中国依存への警戒で政治問題化
オーストラリア: 中国政府誘導の大量移民で政治経済を掌握中、国が乗っ取られ中
ザンビア: 中国からの援助と大量移民で経済搾取開始、国が乗っ取られ中
ガーナ : 違法就労を発端に移民中国人への反発強まる、移民局が強権発動
南アフリカ: 中国人移民が無法行為と産業掌握により現地と軋轢、社会の不安定要因に
ガボン : 中国が巨額援助で政府懐柔しつつ年に万単位で中国人移住&資源搾取、現地で軋轢
アンゴラ・ナミビア・ジンバブエ: だいたい同じ
日本 : 与党自民は移民受け入れ慎重派が多数
      しかし経団連はそろばん勘定のみで推進派
      民主党に至っては中国人1000万人受け入れや選挙権付与を画策
中国 : 移民は受け入れない
      (が、逆に「3億人送り出して世界中を植民地化」をコソーリ実行中)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イギリスの移民問題を扱った映画 「この自由な世界で」(It's a Free World)
「麦の穂をゆらす風」の名匠ケン・ローチ&脚本ポール・ラバティによる。
たまたま見たんだけど、とてもいい映画だった。

f0077807_1628438.jpg


イギリスの移民労働者背景

私たちが呼ぶ「外国人労働者」は「移民労働者」であるということ
「外国人労働者問題」を「移民労働者問題」として扱うことで
多文化共生社会の議論も現実化するような気がする。
[PR]
by roman-tan | 2010-03-11 16:37 | 映画とか・・

多文化共生

浜松駅、車で行くことが多いのでかなり久しぶり
驚いたのは、駅にスズキ自動車が2台も展示してあったこと。
さすが、スズキ自動車が誰につくかで選挙の当落が決まるという街
市長も、国会議員も・・・
どうでもいいことに、まず関心してしまった。

メインテーマは「多文化共生」
このお堅い言葉はすでに一般用語
ホントはそうむずかしい問題ではないと思うけど
聞いただけで緊張して、疲れを感じる。

色々な取組みが発表されたが、面白かったのは自治会連合会のおじさん
実際的で迫力があった!
田舎の町に外国人大勢住みだして困ったけれど
それでも何とかうまくやっていこうとする、ひたむきさがとてもよかった。


この国では、昔から外国人は問題なんだという考えを再認識した。
在日問題から始まって、ブラジル人やペルー人その他色々な国々の人
ゴミ出し方法が悪いとか、騒々しいとか、言葉の違いとかそんなレベルの問題ではなく
異文化は問題なんだということに、多文化共生の考えは根付いているのだと思う。
多文化共生担当は、言い換えれば外国人問題担当なんだろう。

外国人に変に迎合する必要もないけど
「どうして日本人は冷たいんですか?」と言われるという。
う~ん、冷たいのではなく、島国根性だけなんだと思う。
大陸的な太っ腹な人類愛、日本人には欠けているかもしれない。
身内・仲間になればとっても親切だけど・・・


多文化共生経験を何年かしたけど
こちらが、その国へ馴染もうとする努力が必要なのは当然のこと。
それに、その国の外国人受け入れ体制(法的・社会的)整備も重要だ。
~郷に入れば郷に従え~
従えない場合は、自己責任で解決するに限る。

f0077807_20284210.jpg

[PR]
by roman-tan | 2008-02-26 20:30 | NPO法人