アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

タグ:市民活動支援センター ( 3 ) タグの人気記事

県内の中間支援センターが集まる会議があった。
県のセンターに市のセンター
公設公営、公設民営(業務委託・指定管理者)、民設民営の設置運営形態がある。
担当窓口となる市担当課、実際の運営をするNPOが集まった。
私は初めてで、現状把握・観察のつもりで参加した。
NPOや市民活動に関して
行政担当者でも、センター業務従事者でもかなりの理解度差・温度差がある。
「ん?」とか「はあ?」と思うことは、昔から日常的にある。

現在は、市町村へNPOに関する広報のお願いなどをしていて
市町村によって対応のあまりの違いに、ビックリ仰天することはある。
とても親切で協力的な市、無視する市町村、冷たかったり不機嫌な市
「なんだ、この違いは」とよく思うことはあるけど・・・気にしないというか、慣れた。
個人の資質もあるし、行政の姿勢もあるし、頭の良し悪しもあるのだろうと
勝手な理由付けで、腹立たしさを抑えている。
だいたい島国根性
他者へは理不尽だったり、縄張り争いみたいな反応
田舎じゃあ、まだNPOなんてそんなにあるわけないんだから
行政区などボーダーレスで動けばいいのに・・
講師も同じこと話していた。

これからセンター設置予定の2市含めて14市の行政やセンター運営NPOの参加
講演「NPO活動センターの役割と全国の状況」日本NPOセンター事務局長 田尻佳史氏
は面白かったけど、準備不足の会議はつまらなかった。
公設民営の中間支援センターの現実は、「何処も同じ秋の夕暮れ」状態で
それそろ次のステップに行こうよ、と思っている人は多いと思うけど
その前につぶれるセンターは、全国的にも多そうだ。
必要とされないものはなくなればいいし、無駄な税金を使う必要もない。
人は建物には集まらない、人に集まるのだから。

f0077807_20491488.jpg

          ハロウィーンも終わったのに、まだあるドテカボチャ
          食べれないし、なんでこんなに異常に大きいのか不思議なカボチャ
          なぜか、頭にカボチャが浮かんだ。
[PR]
by roman-tan | 2007-11-22 21:10 | NPO法人

市長からの返事

ひと月近く経過して、私の質問に対する市長(担当課?)からの返事が届いた。
時候・社交挨拶は略して、市民活動支援センターに関する回答全文

1 仕様書通りの業務が遂行されているのでしょうか?
  またその業務評価はどのように行っていますか?
指定管理に係る仕様書では、施設及び設備の提供・管理、市民活動に関する情報の収集及び提供を始めとする市民活動支援に関する事業、清掃や空調・エレベーター点検等の管理運営業務等について定めています。
 この中で市民活動支援に関する事業については、その回数・内容共に不十分な点があると認識しております。また、本年4月から5月にかけて実施した、指定管理者、利用者企画運営委員会の委員(利用者代表)及び本市の三者による業務評価におきましても、情報の発信、イベント・講座開催等、市民活動支援のためのソフト事業面で不十分であるとの評価がなされていますので、本市は毎月開催している指定管理者との会議において、業務の改善を指示・要請するとともに、本年9月には日常の管理運営業務のあり方や接遇等に関し、文書により改善指示を行ったところです
2 無駄な箱物ではないかという、市民の声をよく耳にします。
  それらの声に対する指定管理者の対応にも謙虚さが足りないと思います。
  「公の施設」・「指定管理者」は、ただの委託事業とは異なります。
  その点について、どうお考えでしょうか。

 主な相違点は、業務委託は契約範囲内のサービス提供のみが求められるのに対し、指定管理者制度では条例の範囲内で、指定管理者が持つノウハウを活かして自主的にサービス提供をすることが可能である点だと考えています。しかし、これも前述した仕様書に定めた業務が完全に履行されていることが前提となりますので、指定管理者にはこの点を十分に認識して業務を遂行するとともに、制度の特徴を活かしたサービス提供に努めるよう求めております。
3 どこの自治体の指定管理者制度にも、多くの問題があります。
  特に予算が上げられますが、それ以外の改善すべき点を含めて、
  市はどのような対応(改善策)をお考えでしょうか。
 指定管理者制度の導入メリットとしては、利用者の視点に立った多様な市民ニーズへの対応や、民間の経営ノウハウの活用による管理運営コストの削減等があります。しかし、公共施設の中には指定管理者の努力やノウハウによって収益を上げることでき、その結果として経費を削減できる施設と、積極的に事業を展開することが、収益と結びつかないばかりか、むしろ経費や業務量の増となる施設がありますので、今後は指定管理者制度の問題点にどのように対処していけばよいか検討を行なっていきたいと考えています。
 また、本市市民活動センターに関しましては、指定管理料算定にあたって市内の類似公共施設の維持管理費等を参考にしました。しかし、センターオープンから約2年が経過しますので、この間の実績等を勘案しながら、指定管理料や管理運営業務等の見直しを行っていきたいと考えています。
現状認識していたことはわかった。
しかし改善策について、何の具体性が見出せない行政的なお返事

いい加減なNPO法人、生半可な覚悟で指定管理者になるべきではない。
各地で見られる多くの失敗例が、それを物語っている。
手を挙げて、競争して、指定管理者になったことを忘れてはいけない。
制度そのものの改善も必要だし、指定管理者ももっと吟味すべきだと思う。

明日はたまたま議員さんたちにお会いする。
この手紙の内容は、もうその方たちに託したい。
[PR]
by roman-tan | 2007-10-18 18:15 | 指定管理者制度

市長へ聞いてみたいこと

市民活動センターの指定管理者について
市長に聞いてみたいことがいくつかある。

現在の指定管理者であるNPO法人が生まれたのも、市長の公約からだった。
NPO法人である必要はなかったけれども、団体として存在する必要はあった。
最初から関った中で、フツーの市民は私を含めて2,3人だったような気がする。
行政と何のしがらみもない、という意味で。
懇話会の頃から、帰りがけに
「シナリオがあるみたいですね」と言葉を交わすのは、フツーの市民だった。
でも、いいシナリオだと思ったから、その役を果たすことにした。

しかし、いったい、いつまでこのシナリオは続くのかと思い出した。
指定管理者になることも、そのあとの色々なことも
みんな誰かが書いたシナリオ通りのようで、それに納得できずに私は降りた。
もうどうでもいいかと思っていたけれども
私なりに真面目に考えた意見を述べているつもりが
単なる感情的反応で、不愉快なこともあったので
「ここらできちんとした説明をしてあげてください」という願いをこめて・・・

市民活動支援センターについて
指定管理者制度そのものへの疑問、市の考え、指定管理者への疑問など
そのシナリオの行く先を、シナリオライターに確かめてみたいと思った。
そこで市長にお聞きすることにした。


担当課ではなく、市長のお考えをお聞かせください。
1 仕様書通りの業務が遂行されているのでしょうか?
  またその業務評価はどのように行っていますか?
2 無駄な箱物ではないかという、市民の声をよく耳にします。
  それらの声に対する指定管理者の対応にも謙虚さが足りないと思います。
  「公の施設」・「指定管理者」は、ただの委託事業とは異なります。
  その点について、どうお考えでしょうか。
3 どこの自治体の指定管理者制度にも、多くの問題があります。
  特に予算が上げられますが、それ以外の改善すべき点を含めて、
  市はどのような対応(改善策)をお考えでしょうか。



ご回答はブログ上でも公開したいので、文書でとお願いした。
お返事はいただけるそうだけど
お忙しいと思うので、気長に待ちたいと思う。

先の見えない今の状態では、やっている人たちも辛いでしょう。
[PR]
by roman-tan | 2007-09-25 20:12 | 指定管理者制度