アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

タグ:新しい公共支援事業 ( 12 ) タグの人気記事

新しい公共支援事業②

震災によって当初の盛り上がりを失ってきた側面があるが
NPOに対する環境整備の必要性が大きくなったともいえる
新しい公共支援事業

新しい公共支援事業の実施に関するガイドライン
新しい公共支援事業交付金交付要綱
新しい公共支援事業実施要領
直接参考になるのはガイドラインと要領になる。

他県はどんな進捗状況下と調べてみると
早々と、という所もあれば
影も形もないところもある。
大震災の影響が大きく出ているのかもしれない。

大きな話題になったけれど
2年という制限つきであり
一過性のバラマキに終わるか
有効活用できず返還という危険性も潜む。
この事業を将来的・継続的な支援体制と結びつけるべく
既存の基金と組み合わせる所もあるし、新規基金設立するケースもある。
県によって独自の事業計画を立ててたり
既存事業と結び付けている事例もある。

これから各地、執行機関である委員会開催の季節になるが
この事業、出足が悪いのは
様子見をしているからということらしい。

新しい公共支援事業の支援対象はいわゆるNPO等ということで
地縁組織、学校法人等も含まれるわけだけど
支援申請をして支援を受けるという形
どうなんだろ、かなりの広報が必要だろうと思う。
「委託事業に関わるつなぎ融資に対する利子補給」とか
「新しい公共の場作りのためのモデル事業」は
かなり直接的な支援になる。
来月中旬から開始といわれる公募
応募要項がまだでていないので具体的な質問もしにくい。

新たに寄付文化を根付かせる県基金も設立される。
基金の中に国庫財源とする新しい公共支援事業と
県費と寄付金を活用する事業があって
異2種事業が混在する。

このあたりの仕組みは全く広報されてなくて
もうちょっと早めに説明してもよかったんじゃなかったかと思うけど
震災もあったしで手が回らなかったんだろうな。

ちょっと浮かれた「新しい公共」感が一掃されて
もうちょっと着実なことを目指す雰囲気になって、よかった。

NPOに対する基金にはこんなのがある。
埼玉県のNPO基金
やまがた社会貢献基金
奈良県地域貢献サポート基金
香川県NPO基金

ホントはこういうのがいいけど
公益財団法人京都地域創造基金
特定非営利活動法人市民社会創造ファンド
「市民ファンドの創設」というのが新しい公共支援事業にもあり
それに対する要望書もでた。



f0077807_154939100.jpg

[PR]
by roman-tan | 2011-04-17 16:05 | 新しい公共支援事業

新しい公共支援事業

すでに公開されている新しい公共支援事業の概要

新しい公共支援事業の実施に関するガイドライン

新しい公共支援事業の実施 に関するガイドライン  参 考 資 料

f0077807_20514413.jpg


具体的にどんなん?という疑問は
結局やってみないとわからん、という答えに落ち着いた。
でも県の説明会で具体的な予定が示されて、現実味はかなり増した。
説明会だから質問はだめだっていうのも変だし
それを無理やり、しかもちょっと失礼な態度の質問もあんまりだなあと思った。
まだ決まってないことが多すぎて
聞かないでちょうだいっていうことだろうに。


県によって取り組み方も色々で、比較するのも興味深い。
運営委員会の市民委員は一般公募する県もあるし
もっと早い時期に説明開催をおこなった県もある。
わが県は、どっちかというと県主導型という印象。
情報開示に自らがそれほど積極的だとは思えないし
親切な情報提供は絶対にしていない。

制度化は進んだけど
新しい公共に対する盛り上がりは
1年前とはちょっと違うかな。
[PR]
by roman-tan | 2011-03-07 21:20 | 新しい公共支援事業