アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

タグ:新型インフルエンザ ( 3 ) タグの人気記事

付き添いで医療機関に出かけたら
「新型インフルエンザワクチン接種は終了しました」という張り紙があった。
ワクチン接種が24日から前倒しで始まったと聞いていたので
もう終了してしまったの?とちょっと調べてみた。
新型インフルエンザワクチンの最新情報
現在の接種ができる対象は以下の方々です。
1 妊婦
2 基礎疾患のある方のうち次の(1)~(4)の方
(1)1歳~小学校3年生の小児
(2)最優先対象者基準に該当する方
(3)小学校4年から中学校3年生
(4)その他
厚生労働省HP

f0077807_1924387.jpg

新型インフルエンザ関連は県のHPが詳しい。
新型インフルエンザに関する県内の状況など(11月26日15:00現在)
猛威を振るっているインフルエンザ
風邪も流行っていて、待合室は満員だった。
新型インフルエンザワクチンも足りないようなので、自己防衛するしかない。
読んでみようと積んであった本、真剣に読んでみよう。

新・現代免疫物語 「抗体医薬」と「自然免疫」の驚異 (ブルーバックス) (新書)
岸本 忠三 (著)

f0077807_19121929.jpg

[PR]
by roman-tan | 2009-11-26 19:29 | 発見
休校、学級閉鎖は前週の1・6倍 新型インフル、厚労省調査
厚生労働省は28日、インフルエンザが原因で18日から24日までの1週間に、休校や学年閉鎖、学級閉鎖の措置を取った教育関連施設(小中学校、高校、保育所、幼稚園)は、前週(8534施設)の約1・6倍となる1万3964施設に上ったと発表した。ほとんどが新型インフルエンザという。都道府県別で最も多かったのは、神奈川の1479施設。次いで、東京1152施設、愛知1035施設の順。
新型インフルエンザが地域でもかなり流行っている。
持病がなくても亡くなる方がいたりで、不気味な新型インフルエンザ。

この夏の放射線治療により
放射線照射後、1~3カ月後にまれに放射線肺炎にかかることがあるらしい。
今年の12月までは気をつけるようにといわれた。
肺炎とまったく同じ症状らしく
早期では無症状、発熱、咳(せき)、呼吸が速くなるなどの症状がゆっくり現れるらしい。
そんな症状がでたら、すぐに診察を受けるようといわれている。
レントゲンで判断し、ひどい場合はステロイドを長期服用する場合もあるそうだ。
抗生物質ではない点が特徴だ。
一種のアレルギーという説明を受けた。

放射線治療中・後、以前にはないような咳が出ることがある。
ひどくはならないけれど、やっぱり肺に何らかの影響を受けたのかなと思う。
風邪をひかないように、インフルエンザにかからないようにと注意。

f0077807_19432360.jpg

[PR]
by roman-tan | 2009-10-28 19:43 | がん治療

白金ナノコロイド溶液

白金ナノコロイド溶液のわかりやすい説明もある。
白金ナノコロイド溶液は
メッキ原料などに使う市販の白金化合物を配合した蒸留水と
クエン酸、アスコロピン酸を使って作る。

これに関連した白金ナノコロイド(プラチナ)を50μg/L配合したボトルドウォーター
抗癌作用もあるかも、ということでいただいた。
水というものをあまり意識したことがなかったけれど
人間の体に占める水分の割合を考えたら
飲み水や温泉による皮膚吸収など、水の質というものを見直すようになった。

f0077807_19341127.jpg

新型インフルエンザウイルスに対応した特殊マスクが製品化された。これは、独自に開発した白金ナノ(ナノは10億分の1)コロイド溶液を使い、白金の触媒作用でウイルスを死滅させるという。医療機関向けに15日に販売を始める。
製品化の開発に恩師が携わったという今日の新聞記事(mixiで知った)。
あの時恩師が白金ナノコロイド絡みで関わっていたという研究は、このマスクのことだったんだ。
この冬、マスクは充分確保しておかなくてはいけない。
医療機関向けということだから、一般販売はないのだろうか。

参考:
厚生労働省「健康食品」の安全性・有効性情報
   プラチナナノコロイド、白金ナノコロイド


尊敬する恩師はすぐお水を手配してくださり私はとても感激した、が
水がひと箱届いて、思わず笑っちゃったのは
宛名が旧姓のままだった(まちがったんだ!)。
でも宅急便て、住所が正しければ届くんだ。

そうか・・・、同居人てこともあるか。
[PR]
by roman-tan | 2009-10-14 20:02 | がん治療