アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

タグ:腫瘍マーカー ( 1 ) タグの人気記事

腫瘍マーカー

先週受けた術後半年の検査(血液検査、超音波、レントゲン)結果を聞きに行った。
体調は悪くないけど、検査結果を待つのは楽しくもなんともない。
診察までの長い待ち時間も久しぶり。
本を読んだり売店をのぞいて時間をつぶしたり
ぼんやりと窓の外で風に踊る木々を眺めて
生きててよかったなあと思ってみたり
それも日が暮れて見えなくなってしまった頃に、やっと診察の順番が来た。

触診と検査結果から
放射線治療の跡が少しあるけど(多分肺に)、何も問題なしだった。
次の検査は半年後。
何の治療をしているわけでもないし、いたって元気なので
時に、手術したことも忘れている自分に気づく。
それでも「からだ、だいじょうぶ?」と心配のお言葉をいただくと
私はまだ病気進行形だったか、とかえって不安になる。
全くの過去形でもないけど、悪い病巣を今は持っていないはず。

血液検査の結果には「腫瘍マーカー検査」という項目があった。
先生は特別説明してくれなかったけど(問題視する数値でなかったから)
初めの単語なので調べてみた。
 体内に腫瘍ができると、健康なときにはほとんど見られない特殊な物質が、その腫瘍により大量につくられ、血液中に出現してきます。この物質を「腫瘍マーカー」といいます。腫瘍マーカーは、がんの発生臓器と強い関連性を持つ特徴があるため、血液中にこの物質が基準以上に出たときは、がんがあることが推測されます。
 腫瘍マーカーの検査は、がんのスクリーニング(ふるいわけ)として行われますが、現状ではまだ理想的な検査とはいえず、腫瘍マーカーが陽性だからといって必ずがんがあるわけではなく、反対に陰性だからといって完全にがんが否定できるわけではありません。
 数値の上昇はがんの進展に比例することが多く、早期では正常のこともあるため、がんの早期発見のためというよりも、主としてがんを診断していくうえのひとつの補助的な検査、あるいは治療していく上での経過観察の検査としての意味合いが強くなっています。(腫瘍マーカー.com)
腫瘍マーカーリストが詳しい。
私はCEAとCA15-3の項目だけ数値が書かれている。
結果は基準値よりずっと低い。

とても待たされることに対する不満げな話が聞こえる。
かつては私もそう思っていたけど
医師の絶対数が患者数に対して不足している実情がある。
どうにかしてほしいけど、誰が解決できるのか。


何でも経験してみれば、こんなものかと思う。
こんな経験も、経験値が一つ上がったと考えればいいか。

f0077807_21565663.jpg

[PR]
by roman-tan | 2010-01-27 21:57 | がん治療