アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

タグ:静岡県 ( 3 ) タグの人気記事

静岡県の事業レビュー

f0077807_19581238.jpeg
県の事業レビュー
3年間に初めてネット中継をみて
茶番だと思った。
今年は現場に関わることになった。
せっかくの機会だったので
新鮮なうちに疑問と感想

疑問
1.事業レビューの対象事業は
どうやって決めるのだろうか?
3年前にNPO関連事業はやったばかりなのに。
他にも無駄な事業は多くあるはず。

2.専門委員というのは
どうやって選ばれたのだろうか?
選考基準は?
外部の方は毎回変わっているようだが
県内専門委員は毎年同じ?
担当者の知り合いか。

自分の活動自慢に走る委員
言ってることに矛盾が多い委員
業界の方々、よく事情や背景もわかっている。
もっと活躍されている方を固定化せず
お願いすべきではないか。

3.事業レビューの予算はいくらか?
資料作りに
通常業務外で費やす人件費を加算して
どれくらいになるのだろうか?
事業レビュー事業に関する情報公開
その成果を公開してほしい。

民主党政権の落とし子みたいな事業レビュー
当時は新鮮だったけど
時代もかわり色あせてきた。
事業レビューのレビューが必要だ。
また、専門委員の評価もすべきである。

4.会場の県立大学の講堂は
音響効果が極めて悪かった。
マイクが聞き取りにくすぎ。
テストしてなかったのか?

5.最後にオブザーバーの大学生の感想
これまたお粗末。
中学生の方がもっとましなことをいえる。
オブザーバーの質をもう少し考えてほしい。
選挙権がみといいつつ
大学生の参加は少なかった。

6.2重行政をいうなら
議員だって
政令指定都市の県議数を
半数位まで削減したら
どれだけ予算が削減できるだろう。

7. 専門委員の効果なし
県民の評価委員の評価は色々
結局、どうまとめるのだろうか。

それにしても
テーマがずれずれ
県民評価委員がついていけるのだろうか。

市民目線てのは、誰の目線?
声の大きい人の意見が市民の声でもない。

現場を大切にと
現場の声を聞いているとは思えない。
行政書類だけでシロクロつけることに
意味があるのか?







[PR]
by roman-tan | 2016-09-11 17:50 | NPO法人

知事と議会

ほ~副知事が不在なのは静岡県だけになるんだ。
先日も議事録から削除するような発言があった。
古典的考えの母でさえ、この発言にはカチンときたらしい。
私は・・・知事に興味がない。

「議会を軽視している」って議員が怒った?
回避するための臨時議会招集もできなかった。
理由は議員の官費旅行のせいらしい。

どっちもどっち。
政治家なんて信用していないし尊敬もしていない。
県議とか参議院とか、何の役にも立っていないと思ってる。
参議院を6年やると貯蓄がすごいらしい。

時々、議会でなんとかとか、何とか議員がどうたらこうたらと
私たちに関わることもある。
先日もバカじゃないかと思うような騒動があって
気になるというか、会ってやろうじゃないのと思って議員にメールをしたら
丁寧な返事が来て、拍子抜けしてしまった。
担当課の人は大変だったらしい。
そもそも他の課職員がちゃんと説明しないから悪い。
部長に怒鳴りこんできたっていうからすごい。
野蛮だ、力のあるものが下のものに怒鳴る、威圧する。

国会中継もたまに聞いたら、笑っちゃうほどおもしろかった。
こんな話をするために税金を使っているのかと思って。
三文役者の喜劇のように、安っぽくて苦々しい笑いを誘う答弁。

知事はNPOにもほとんど興味がないみたいだし
来年選挙もあるけど、どうなんでしょ。
トップダウンで、公約が変形した出き上がった行政基金
もっと協力してほしいというか、責任を取るべきだとを思うけど無関心。
どうやら選挙のための公約だったらしい。

年度末にぶざまな県庁の中
県民としては、かなり情けない。
[PR]
by roman-tan | 2012-03-20 21:23 | NPO法人

平成の大合併

おもしろい市町村変遷パラパラ地図
平成の大合併で静岡県もこんなに変わった。
(アニメ版が楽しい!
行政サービスがどうこうという以前に
あそこ、ここはどこの市?わからなくなる。

平成の大合併が始まった直後の1996年4月1日現在
昔ながらの地名が主役だ。
f0077807_13103747.jpg


ほぼ終了する2009年1月1日現在
素っ気ない大くくりって感じだ。
実際には古い地名は今でも残っているけど
いつかは消え去ってしまうとしたら寂しい気もする。
f0077807_1311758.jpg

出典: 市町村変遷パラパラ地図
政府主導の大合併の目的は
①地方分権に対応して基礎自治体の財政力を強化できる。
②モータリゼーションの進展に伴う生活圏の広域化に対応できる。
③政令指定都市や中核市・特例市になれば権限が移譲される。

2010年3月末までに全国の市町村数はこんな風に変化する。
f0077807_13175052.jpg

出典: 社会事情データ図録

総務省の合併相談コーナーなるものもある。

吸収合併の場合、吸収されて市町村の名前を失ってしまう場合や
お荷物になってしまいそうな市町村を吸収する場合は反対運動がおきる。
同等合併の場合はどうだろうか。
やっぱり名前でもめるのだろうか。

合併による直接的なメリットもデメリットもあまり感じない。
議員数や公務員数が減るのはいいことかもしれない。
ただ田舎に行くと、やたらに役所が遠くなる。
路線バスなども再編成され公共交通事情も悪くなり
運転のできない方は大変だと思った。
時に、変な名前を耳にしたりすることも・・・でもそれは慣れる。

現在住んでいる街が合併したら・・・
ますます地理がわからなくなる。
でもこのパサついた街が、お隣のおかげでちょっとグレイドアップするのかも。
[PR]
by roman-tan | 2010-03-05 13:50 | 発見