アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

カテゴリ:映画とか・・( 96 )

鹿せんべい

鹿にもいろいろあって
鹿をいじめるとこんなことに・・・・・・なるかも。

奈良鹿物語(デジタルアニメ、aokijun)



f0077807_20353476.jpg


                  南天の花
[PR]
by roman-tan | 2008-06-12 20:49 | 映画とか・・

パフューム(perfume)

「香水」パトリック ジュースキント (著), 池内 紀 (翻訳)の映画化を聞いて
是非見たいと思っていた。
何年か前に読んで印象に残った本だった。
87年世界幻想文学大賞受賞作品なので、好き好きがあるのだけれど・・・
DVDでやっと映画を見た。
香り・匂いをどう映像化するのかと楽しみだった。
それなりに、映画はおもしろかった。
不完全性こそが人間の存在理由であることを嗅覚が教えてくれる (MIYADAI. com Blog)
この記事を読んで、映画のことを思い出した。

f0077807_18304388.jpg
甲斐犬マヤの嗅覚もすごいけど
「匂い」にまつわる体験というのは強烈だと思う。
物の匂いよりは街の匂い、人の匂いが私は気になる。

写真というのは、匂いがない点ですでに虚構の世界
視覚に加え、嗅覚の印象はとても大きい。
写真に臭いがあったら、随分印象が変わるだろう。

製紙工場の臭い
初めて行ったカトマンズの有機的な街の匂いから悪臭への変化
山に住む人の煤けた匂い
海辺の町の匂い
土の匂い、水の匂い
花の香り
中華街の臭い
ホームレスの臭い

日常的には香水を利用しない私には
強烈過ぎるアラブ人の香水と欧米人の体臭
同じ部屋にいるだけでたまらない。
強い匂いには弱い。


f0077807_1832727.jpg

昔、男性用香水を好んでつける女友だちがいた。
頭もよくて、とてもカッコいい日本人女性だった。
どこかの国で、きっとジャズ・ピアノを弾いていると思うけど・・・
[PR]
by roman-tan | 2008-03-31 18:37 | 映画とか・・

チャールダーシュ

チャールダーシュとは、曲名ではなく
もともと「酒場風」という意味の、ハンガリー音楽ジャンルのひとつだっとは・・・
イタリアの作曲家モンティ (Vittorio Monti/1868 - 1922)により作曲
女子フィギュアスケート有名だけど
哀愁あるジプシーの曲

1965年にハンガリーのジプシー・ヴァイオリン名門ラカトシュ家に生まれた
ロビー・ラカトシュ(ROBY LAKATOS)のチャールダーシュ
DAVID GARRETT のチャールダーシュ

普段着の演奏で有名なDAVID GARRETT
ドイツ生まれ。アメリカ人とドイツ人の両親を持つ。 幼少の頃から、ロンドン・フィルハーモニー、ロサンゼルス・フィルハーモニック、ロシア国立交響楽団、パリ国立交響楽団、ザルツブルグ・モーツァルテウム管弦楽団等、数々の国際的オーケストラと世界主要都市で共演を重ねてきた。クラウディオ・アバド、ズービン・メータ、 ジュゼッペ・シノーポリなどの偉大な指揮者らと共演し、ソリストとして大絶賛される。1994年、当時最年少ソリストとして名門ドイツ・グラモフォンと契約する。ジュリアード音楽院を卒業
David Garrett & Bruno Canino
パガニーニ:24のカプリース (試聴可)


f0077807_20284540.jpg


                忘れられない曲となりそうで・・・
[PR]
by roman-tan | 2008-03-23 20:30 | 映画とか・・

チャップリンの秘書

チャップリンの秘書が日本人だった、すごい!
お正月番組の再放送らしい。
お仕事データを持ってくればよかったと後悔しながら
手持ち無沙汰でテレビをつけたら放送中、最初から見ればよかった。

日系1世高野虎市という人のお話
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E9%87%8E%E8%99%8E%E5%B8%82
昔の良き日本人を、チャップリンは彼を通して信頼していた。
チャップリンが日本と関係が深かったことも知らなかった。
日本チャップリン協会というものある。
おまけにこんなエピソードも
五・一五前夜のチャプリン 「皇居前の一礼」の謎に新事実

日系人のアメリカにおける戦中戦後の苦労
彼の場合はスパイ容疑もあったため収容所の生活も長引いた。

強制収容所の話は、日系人から良く聞いたことがある。
特にカリフォルニア州Tule Lakeに収容されていた日系2世家族には
可愛がってもらったので、何かにつけ話が出た。
1988年、レーガンが「市民の自由法」(日系アメリカ人補償法)に署名。「日系アメリカ人の市民としての基本的自由と憲法で保障された権利を侵害したことに対して、連邦議会は国を代表して謝罪する」 とし、日系アメリカ人に謝罪し20,000ドル/人の損害賠償。日系アメリカ人、強制収容に関する学校教育のため総額12億5,000万ドルの教育基金が設立
チャップリンの秘書が日本人だったというのも驚きだけど
日系人の歴史、聞いたことのある話が蘇ってきた。
今年はブラジル移民100年だという。
国と民族というもの、それは必ずしも一致しないこと
日本にいるとなかなか理解しにくい。
[PR]
by roman-tan | 2008-02-23 21:13 | 映画とか・・

Pearls by Sade

好きだったSade、ナイジェリア生まれのイギリス人

ソマリアに・・・
Pearls by Sade

別の画像で
Women in Somalia, Sade : Pearl, "Malaa "igta ha soo degtee"

Sadeのライブ・・・
Sade - Jezebel
[PR]
by roman-tan | 2008-02-10 21:32 | 映画とか・・
2006年アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞候補映画「ダーウィンの悪夢」
アフリカ最大のビクトリア湖に放流された魚、ナイルパーチを巡る話

ビクトリア湖は約400種類の固有種が生息
かつては「ダーウィンの箱庭」と呼ばれるほどの「生物多様性の宝庫」であったが
漁獲量増加、外貨獲得輸出品としてのナイルパーチ放流でその生態系が崩れたという。
日本の給食、コンビニ弁当、ファミレスでも利用され、日本はお得意様
ナイルパーチ Lates niloticus
スーパーで「スズキ(ナイルパーチ)」と称して切り身で販売。「ビクトリア湖ナイルパーチ」として2001年、3月頃からは表示される。本物のスズキが減ってしまったのでナイルパーチが安価で出回っている
f0077807_14465134.jpg
映画予告がとてもセンセーショナルだったような気がする。
そのわりには、(作者の意図があるとしても)淡々としたドキュメンタリー映画だった。
ヒューマニズムとエコロジー」か「ヒューマニズムとエコノミー」か・・・
後味のあんまりいい映画ではなかったのは
ドキュメンタリーといいながら、全体像が見えにくかったからだろうか。

武器輸送がらみの輸出
「戦争があれば金になるのに……皆、戦争を望んでるはずさ」という台詞は
話題になった「丸山眞男をひっぱたきたい 31歳フリーター。希望は、戦争。」赤木智弘」に通ずるものがあるような気もする。

一番共感できた感想は、ダルエスサラーム便り~Darwin's Nightmare~
アフリカ人は被害者で、いつも援助を求めないといけない可哀相な客体なのか?自分たちの問題を解決する主体性は期待されないのか? 私がこの問題について議論したタンザニア人、ウガンダ人の知識人たちは「人種差別だ」という断定はしなかった。ヨーロッパから発信された、ヨーロッパ人の目のフィルターを通したアフリカ像を鵜呑みにしてはいけないと思う。これを「グローバリズム」とか「開発」や「自立」の問題にすり替えてはいけないと思う。それ以前の事実の解釈の問題なのだ。
まだアフリカには行ったことがないけれど
アフリカに限らず、報道によって事実の解釈はコントロールされることがあるなって思う。
[PR]
by roman-tan | 2008-01-03 14:56 | 映画とか・・
地元の管弦楽団の定期演奏会に出かけた。
知り合いが、ご夫婦で団員として活躍されているので
都合がつく限り、演奏会にはお邪魔している。
今日のプログラムは
グリーグ ピアノ協奏曲イ短調作品16
マーラー 交響曲第1番2長調「巨人」
指揮者は小林研一郎
ピアノは小林亜矢乃
親子での共演とあってか、席はほぼ埋まっていた。
父親と娘、ほのぼのしていて微笑ましかった。
マーラーはとても力強くて、交響曲そのものがドラマみたいだった。

音楽好きなご夫婦は、仕事・子育て真っ最中の忙い毎日
その合間に練習や準備で、地元の管弦楽団を支える。
団員のみなさんも普通の日常の中で、音楽を楽しみながら支える。
やっぱり、街にそんな管弦楽団があることはうれしい。

チラシをお預かりしたので、お客さんの入りが秘かに気になっていたし
前回は娘も出していただきお世話になったので、心はすっかり応援団だった。
観客もいっぱいでよかった、よかった!
演奏も素晴らしくて、最後は感動的だった!


f0077807_1922151.gif

でも、かわいいお嬢さんたちは
昨日からずっと、寂しい思いをきっとしていただろうな。
[PR]
by roman-tan | 2007-12-16 19:05 | 映画とか・・

Jounetsu Tairiku(情熱大陸)

試験が終わった娘がなにやらCD”Jounetsu Tairiku”を熱心に聴いている。
福祉施設へのクリスマス訪問の際に
弾かなければならないという曲「情熱大陸」

テレビ番組の曲らしいが、私は初めて聞いた。
もしかして、前にもう話題になったのかもしれない。
テレビあんまり見ないので、いつも話題が遅れてて恥ずかしいけど・・・

とてもいい曲で、YouTube画像を探してしまった。
情熱大陸 / 葉加瀬太郎 with 小松亮太&Deep Forest
(*”Deep Forest”、聞き覚えが・・・Dancingのバックに流れていた国籍不明の音楽を演奏してたフランス人グループだった!)

バンドネオンとの組み合わせ
葉加瀬太郎 情熱大陸
こっちはポーランド人のピアニストがかっこいい!

ついでに
To Love You More by Celine Dion
ラスベガスのショー、アメリカって感じ
Celine Dion は来日中だっけ


葉加瀬太郎のようにはいかないだろうけど
目立たないように、静かに暮らしている娘が
渋々でも、初めて人前で弾くのを引き受けてきた(発表会以外で)。
自分を外に向けるきっかけにと考えた
本人にとってはかなりの決断だったらしい。
楽しそうな映像を目に焼きつけて
楽しんで演奏してきてね、ハハは願うけれど・・
あと3日しかない!


f0077807_19281677.jpg

                夕焼けがきれいだった。思わず庭へ・・・
[PR]
by roman-tan | 2007-12-14 19:48 | 映画とか・・

サーカス

隣町にサーカスのテント小屋が建っている。
サーカスがやってきた、という感じなんだけれど
お客さんの入りは大丈夫だろうかと、静かな気配に変な心配をしてしまう。。
行ってみたいなあ・・・と通るたび横目でチェック

以前、ロシアのボリショイ・サーカスを見たことがある。
席がよかったせいか、チケットが意外と高かった。
終わってから、ホンモノの熊くんと一緒に記念撮影ができたから、まあいいけど。

地上最大のショウという昔の映画をDVDで見たことがあるけど
サーカスのこともよくわかるし、娯楽映画としても充分楽しめる。

”Freak”という単語とサーカス
中毒者とか日本語でもフリークと使われるけど、別の意味でのfreak
かつては欧米でも、奇形(freak)を見世物にするのがサーカス
これは差別とかではなくて、身体的に障がいがある場合
経済的に、彼らが自立できる場としてのサーカス、という扱いになる。


また、サーカスといえば中原中也の詩「サーカス」
幾時代かがありまして ・
  茶色い戦争ありました ・
幾時代かがありまして ・
  冬は疾風吹きました ・
幾時代かがありまして ・
  今夜此処(ここ)での一(ひ)と殷盛(さか)り
    今夜此処での一と殷盛り ・
サーカス小屋は高い梁(はり)
  そこに一つのブランコだ ・
見えるともないブランコだ ・

頭倒(さか)さに手を垂れて
  汚れ木綿の屋蓋(やね)のもと
ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん ・
それの近くの白い灯が ・
  安値(やす)いリボンと息を吐き
観客様はみな鰯 ・
  咽喉(のんど)が鳴ります牡蠣殻(かきがら)と
ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん ・
屋外(やぐわい)は真ッ闇(くら) 闇(くら)の闇(くら)
夜は刧々(こふこふ)と更けまする
落下傘奴(らくかがさめ)のノスタルヂアと
ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん(「山羊の歌」(昭和9)所収 )

高校の時に覚えたのが、今だ頭に残っている。

サーカスという言葉は、色々な響きを醸し出す。
今の時代は、あまり悲壮感もないけれど
隣町に建つテント裏側の宿舎、あそこに流れる生活感
あれはまさしくサーカスならでは、という気がする。
[PR]
by roman-tan | 2007-11-07 22:38 | 映画とか・・

ビードロ

f0077807_19333162.jpg喜多川歌麿 婦女人相十品「ビードロを吹く女」(別名、ポッピンを吹く女)
ポルトガル語でvidroはガラス、ガラス製の器具
室町末期、長崎に来たオランダ人が製法を伝えた。
ビードロは、昔は子供のおもちゃではなく
お正月に一年の厄落としの意味を込めて吹いたようだ。f0077807_19375953.jpg

行ったことのない長崎のお土産、ビードロ
ガラスの弾力性で
底の薄い部分が「ポッペン!」と音がする。
可愛い色合い
これで昔の人は遊んだという。


f0077807_19471771.jpg

             食べ物ばっかりだけど、どれもおいしそう。
[PR]
by roman-tan | 2007-10-19 19:52 | 映画とか・・